マスキングテープだけで郵便に封をするのは間違い

マスキングテープ。最近では「マステ」という愛称でも親しまれているこの粘着テープは、元々は塗装などの際、塗料がはみ出して作業箇所以外を汚すのを防ぐ目的で使用されてきたものです。しかし、最近では特に女性を中心にカラフルで色々なデザインの「マステ」が人気を集めています。

pin

かわいい柄やアニメキャラがプリントされたマスキングテープは、いろいろなものに貼り付けてデコレーションするためのおしゃれグッズ&コレクターグッズとなりつつありますが、使い方を間違えると「とんでもないトラブル」を引き起こしかねないとTwitterを中心に話題となっています。

pin

その間違えた使い方とはズバリ「マスキングテープを使って郵便に封をすること」。そう、仮止めテープであるがゆえに粘着力が弱く、簡単に剥がれるマスキングテープだけで大事な郵便に封をしてしまう人が後を絶たないのです。

この問題を漫画で分かりやすく説明してくれているのが、Twitterユーザーの言寺(@310_64)さん。こちらからその漫画をまずご覧ください!

Twitter/310_64

Twitter/310_64

Twitter/310_64

Twitter/310_64

これでなぜマスキングテープだけで郵便物に封をしてはいけないのか、お分り頂けたはず。粘着力の低いマスキングテープだけでは、配達途中で封が剥がれてしまい、中身を第三者に見られてしまったり、盗まれてしまう恐れがあります。

pin

こうした郵便事故を防ぐためにも、マスキングテープだけで郵便に封をする行為はやめましょう。どうしてもかわいい「マステ」を使って封をしたい場合は、上から透明なテープを貼って補強すれば問題ないでしょう。

コメント

おすすめの記事