ちえとくをフォローする

ファッション

鏡を見て絶句。メイクアップアーティスト大暴走メイク15選

芸術的なメイクアップは素晴らしいものです。才能のあるメイクアップアーティストは、まるで素顔のように自然に魅せることもできれば、幻想的でカラフルな表情を作り出すこともできます。

しかし、なかには「プロがメイクしたのにこれ?」と思わず呟いてしまうケースもあるようです。インターネットのプラットフォームのredditにはメイクアップアーティストの手による失敗メイクを晒すコーナーがあります。こんなメイクにお金を払ったなんて・・・と泣きたくなるような失敗メイクの数々、ご覧ください。

1. 宇宙人メイク?

できたよ!

2. ただより怖いものはない

「プロに無料で頼んだらこんなもんよね…」

3. 花嫁の嘆き

この花嫁は結婚式当日にひどいメイクをされてしまいました。悔しさがにじみ出ています。

4. このメイクでテレビ出演

スポットライトのあるスタジオでは、このメイクでも自然に見えるかもしれませんが、あいにく屋外での撮影でした。

5. 泥の誓い

こちらも可哀想な花嫁。頬に泥がついているようにしか見えません。

6. ミディアムレア

彼女は平静を装っていますが、この口紅はあんまりです。

7.  眉毛のあるパンダ

本当にプロのメイクアップアーティスト?お金を返してもらったほうがいい気がします

8. 自画自賛?

「眉毛のカーブがうまく描けた!私は何をやっても上手いのよ!」

9. すべてが黄色だった1970年代

「マインドハンター」はとても良い番組でしたが、メイクアップアーティストは変えたほうがいいのかも。俳優たちは皆、黄色に塗られ、顔と首の境目がくっきり。

10. 塗りすぎでは?

なぐられた後のアザのようです。

11. 底なしの暗さ

パンダ目は下手なメイクアップアーティストの特徴のようです。

12. また黄色

こちらも肝機能障害ではなく、単にメイクが黄色すぎたパターン。

13. もはや彼女の顔ではない

鼻が半分の細さになりました。

14. 高くついたレッスン

彼女は自分でうまくメイクできますが、姉の誕生日パーティーのためにプロにメイクを頼みました。この悪夢は60ユーロもかかったそうです。

15. 塗りすぎた晴れの日

こちらもメイクアップアーティストの手によって醜態をさらしてしまった花嫁。

失敗メイクの数々、いかがでしたか?唯一の良い点は、メイクは失敗してもクレンジングとコットン2、3枚ですぐに元の自分に戻れること。下手な美容師にあたった時は事態はもっと深刻ですから!

プレビュー画像: ©reddit/Deelsisme ©reddit/TheHuntress1031