ちえとくをフォローする

キッチン

メラミンスポンジがNGな7つの場所

メラミンスポンジは、今やお掃除グッズの定番。水をつけるだけで使えて洗剤いらず。ササっと消しゴムのような感覚で使えて、しかも安価で気軽に使えるのも魅力です。

でも、メラミンスポンジをいつでもどこでも闇雲に使うことはできません。間違った使い方をすると大変なことになってしまうのです。

©Media Partisans

メラミンスポンジはメラミン樹脂という硬い樹脂の発泡体で、紙やすりと同じような働きをします。湿らせてから、汚れの上をこすると、汚れを「削り取る」ことでキレイにするのです。ですから、むやみに使うと、研磨して傷をつけてしまうのです。

この記事では、メラミンスポンジを使ってはいけない7つの場所をご紹介します。

1. コーティングされたフライパンや鍋

メラミンスポンジの研磨作用でフライパンや鍋の焦げ付きにくいコーティングを破壊してしまいます。

new fry pan

2. 光沢のある表面

メラミンスポンジは台所まわりの水垢や汚れ落としに効果的です。でも、光沢のあるステンレスのシンクには細かい傷がついてしまうのでNGです。光沢のあるプラスチックなどもツヤがなくなってしまうので使わない方がいいでしょう。ステンレス製のシンクをきれいにするには、1対10の割合で酢とぬるま湯をまぜた液を使うのが一番です。

Stainless Steel Undermount Sink

3. 塗装された木材

メラミンスポンジで磨くと、塗装や木材自体に傷がついてしまいます。柔らかいスポンジに中性洗剤をつけて拭きましょう。

4. 車の塗装

車の表面に頑固な汚れがあると、メラミンスポンジを使いたくなるかもしれません。でも、塗装を傷つけたり、ワックスが落ちてしまい、後で後悔することになります。

magic eraser

5. ディスプレイとモニター

パソコンのキーボードにはメラミンスポンジが使えますが、ディスプレイ画面には絶対NGです。細かい傷がついて、取り返しのつかないことに!パソコン画面のお手入れのコツはこちらの記事をご覧ください。

There are air bubbles in my Magic Rub eraser! - 5

6. 天然石

花崗岩や大理石などの家具も、メラミンスポンジで細かい傷がついてしまうので、使わないようにしましょう。

IMG_0267

7. 大切なコレクション

アンティークの人形や車の模型など、貴重なコレクションをメラミンスポンジで掃除するのはおすすめしましせん。

©Pixabay

まとめると メラミンスポンジは、塗装面やコーティングされたもの、光沢のあるものやデリケートな表面には不向きです。便利で簡単なお掃除アイテムですが、使えない場所があることだけは覚えておきましょう!

出典: familyhandyman,  t-online

プレビュー画像:©Media Partisans