浴室や洗面所の簡単お掃除 6つのコツ

浴室や洗面所は毎日使う場所。その分、汚れがつきやすいのが特徴です。でも面倒だからと汚れをためておくと、すぐに、ぬめりや詰まり、カビや水垢など頑固で嫌な汚れになってしまいます。 ですから、できるだけ手間をかけないように軽い汚れのうちにさっとお手入れしたいもの。

この記事では、水回り専用の洗剤を使わず、ナチュラルに手軽にお掃除するための6つのコツをご紹介します。

1.浴室の壁の汚れには酢

こすっても、なかなか落ちない浴室の壁のシミ汚れ。でも、とても簡単な解決策があるんです。酢に浸したキッチンペーパーを貼り付けてパックしてみてください。時間をおいてから、いつものようにシャワーの壁を掃除するだけ。その後、乾いた布で磨きましょう。頑固な汚れも簡単に落とせます。

pin1

2. 排水管の詰まりには洗剤とラバーカップ

洗面所の排水管は髪の毛などがからまって詰まりやすい場所。かなり多くの人が詰まりを経験しています。でも、髪の毛などを溶かす強い薬剤を使わなくても、実は簡単に対処できるんです。排水口に少量の洗剤を加えて、ラバーカップ(スッポン)で吸い取るだけ。この組み合わせには劇的な効果があります!

pin2

3. 鏡の掃除にはシェービングフォーム

シャワーを浴びながら鏡を見ても曇っていて見えない?そんなときは、シェービングフォームがあれば便利です。シェービングフォームを鏡に塗って、乾いた布で拭き取るだけ。シェービングフォームは曇り止め効果のあるガラスクリーナーに似た効果がありますが、はるかに安価です。

pin3

4. タイルの目地のカビには重曹

pin4

カビは放置するとすぐに広がってしまいます。見つけたら、すぐに対処しましょう。でも、防カビ剤はカビそのものと同じくらい健康に有害です。でも安心してください。安全で環境にも優しい重曹で簡単に掃除できるんです。スポンジに少量の重曹をつけて目地に塗り、歯ブラシで磨くだけ。

pin5

頑固なカビで落ちにくい場合は、目地にキッチンペーパーを乗せ、重曹スプレー(ぬるま湯で溶かした重曹)を吹き付けて十分に時間を置いてから、こすってみてください。

pin6

5. カルキや水垢掃除にはレモン

蛇口の根元などの継ぎ目などに白くこびりつくカルキやステンレスシンクの水垢も、放っておくと頑固な汚れになってしまいます。でも特別な洗剤がなくても、レモンがあれば、水垢やカルキは綺麗に落とすことができるんです。やり方は簡単。蛇口やシンクをレモンでこすり、キッチンタオルや歯ブラシでこするだけです。

pin7

6. 気になるニオイにはエッセンシャルオイル

浴室や洗面所、トイレは湿気がたまりやすく、匂いもこもりやすいところ。お掃除しても、まだ嫌な臭いがするようなら、エッセンシャルオイルがオススメです。重曹にエッセンシャルオイルを垂らしたものを置いておけば、消臭や抗菌効果が期待できます。香りが薄くなったら、そのままお掃除に利用できて一石二鳥です。

pin8

洗面所や浴室は毎日使う場所。リフレッシュする場所でもあるので、いつも綺麗にしておきたいところ。お客様がきたときにも、気持ちよく手を洗ってもらえるように気を配っておきたいですよね。この6つのコツをつかって、簡単お掃除で水回りをいつも清潔にしてください。

プレビュー画像:©︎Pinterest/ Daiyana La’See, ©︎Pinterest/Cynthia Hooi

出典

idee-fuer-mich

プレビュー画像:©︎Pinterest/ Daiyana La’See, ©︎Pinterest/Cynthia Hooi

コメント

おすすめの記事