オランダで新型コロナに有効な食べ物が発表された しかし見た瞬間 日本人全員が「なんと!」と叫んだ

突如として私たちから日常を奪っていった新型コロナウイルス。最初のピークは去ったと言われていたものの、各国で再び感染者数が増加するなど、依然として油断はできない状況が続いています。

多くの人々が、第2波の到来を懸念し、ワクチンの登場を待ち望みながら、恐る恐る日常を過ごしているかもしれません。

そんな中、オランダで行われたある研究が、世界中の人々の注目を集めています。研究を行ったのは、マーストリヒト心臓血管研究所。3月12日~4月11日、新型コロナウイルス感染症の入院患者134人と、比較群として年齢が同じでコロナに罹患していない184人を対象に調査を行ったそうです。

その結果、驚くべき事実が浮かび上がってきました。新型コロナウイルス感染症で死亡したり集中治療が必要になったりする人には、ある共通点があったのです。

それはビタミンKの欠乏。ビタミンKが不足していると、新型コロナウイルス感染症の重篤化リスクが高まってしまう傾向を発見したのです。

そして研究を行ったヤンセン博士、その状態に陥ってしまうことを防ぐために、ある意外な食べ物を推奨したのです。

それはなんと、日本の納豆でした!

ヤンセン博士によると、納豆には特にビタミンK2が豊富に含まれており、凝固を制御したり肺疾患を予防するタンパク質の生成を促すことから、新型コロナと闘う上で非常に有用となり得ると言います。

ビタミンK2はビタミンK1よりも体に吸収されやすいのが特徴で、納豆の他にも、ハードチーズやブルーチーズにも豊富に含まれているそうです。しかし日本人である私たちにとって、納豆の方が身近で入手しやすいと言えるでしょう。

natto

ちなみにヤンセン博士、ロンドンで日本人研究者と一緒に働いており、日本人がしばしば食していた納豆の健康効果に以前から強い興味を示していたそうです。

ヤンセン博士は、断言するにはさらなる研究が必要であるとしながらも、納豆をはじめとするビタミンKを含む食品、たとえばホウレンソウ、ブロッコリー、青菜、ブルーベリーなどを積極的に摂取することで、コロナ重篤化のリスクを下げられる可能性があると示したのです。(しかしながら、ワルファリンなど抗凝固薬を投与されている人はこれに当てはまらない、ということも主張しています)

いかがでしたか?まさか日本人の国民的な食べ物が、世界のクライシスを救う救世主になり得るなんて…びっくりですね!

プレビュー画像: / © Twitter/ jyouhoucom

出典

The Guardian

プレビュー画像: / © Twitter/ jyouhoucom

コメント

おすすめの記事