写真:日本最大級の高級「廃墟」ホテル

東京からフェリーに乗ること半日、約300km離れた火山島、八丈島に巨大な廃墟「八丈ロイヤルホテル」はあります。 八丈ロイヤルホテルがオープンしたのは1963年。南国の気候から「日本のハワイ」と呼ばれ、新婚旅行地として人気だった八丈島最大の高級ホテルでした。

しかし1970年代から人気は陰りを見せ始め、その後数回名前を変えてリニューアルオープンを繰り返したものの、人足が戻ることはありませんでした。2006年、ついに放棄されてしまいます。

ポーランド女性写真家ナタリア・ソバンスカは、この巨大廃墟に魅せられ、奇妙で神秘的でさえある廃墟の姿をカメラに収めてきました。 

 
 
 
 
 
Sieh dir diesen Beitrag auf Instagram an
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 

Ein Beitrag geteilt von Natalia Sobańska (@deadinside.eu) am

往年の面影を残すエレガントなビリヤードテーブル。

pint1

熱帯気候の八丈島の自然が少しずつ人工物を分解して、自然に取り込もうとしているかのようです。

pint1

倉庫スペースには使用されなかったギリシア風の柱のオブジェ。

pint1

広い中庭には二度と吹き出すことのない噴水が。

pint1

放置された家具やカーペット、壁紙をシダ類やコケ類が覆い尽くそうとしています。

pint1

その昔、新婚旅行の夫婦で賑わっていたであろう広いロビー。

pint1

日本でありながら、どこか異国を感じさせるこの空間。

pint1

現在の八丈島にはその美しい南国の自然を求めて国内だけでなく海外からも観光客が訪れていますが、高度成長時代の贅を極めた高級ホテルの廃墟は日本のある時代の空気を反映した遺跡のようなものかもしれません。

pint1

巨大廃墟がこの先どんな変化を遂げていくのか、怖いもの見たさですが楽しみでもあります。

 
 
 
 
 
Sieh dir diesen Beitrag auf Instagram an
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 

Ein Beitrag geteilt von Natalia Sobańska (@deadinside.eu) am

ひっそりと朽ちてゆく高級ホテルの様子に不思議な魅力を感じずにはいられませんね。

出典

boredpanda

コメント

おすすめの記事