洗濯機に入れられたまま洗われた猫

ニャンコたちは暗くて狭い場所が大好き。狭い場所に入れば、一度手にした獲物を他の猫や動物などに奪われることがないため、猫たちはそういった場所を本能的に「安全スペース」と認識するといわれています。段ボールやこたつの中を安全スペースと感じる猫もいれば、洗濯機の中が好きな子も中にはいます。

アメリカ・ミネソタ州に住むステファニー・キャロル=カーチョフの愛猫フィリックスも、洗濯機や乾燥機の中に入りこむのが大好きな猫。ステファニーは自宅で猫を3匹飼っていたため、洗濯をする前には必ず猫が洗濯機や乾燥機に入り込んでいないか確認するのが習慣でした。

しかしある日、事件は起きます。その日、急ぎの用事があったステファニーは、いつも通り洗濯機の中を確認することなく、洗濯物を投げ込んだあとすぐ扉を閉め、洗濯機のスイッチを入れて、その場を立ち去ってしまったのです。

お湯で洗濯後、水ですすぐ45分コースに設定された洗濯機は運転を開始…。ステファニーはこのとき自分が何をしたのか知る由もありませんでした。

45分後、ステファニーが洗濯物を取りだそうと中を確認すると、衣類が濡れており、まだ十分に脱水されていないように思えました。そこでもう1度扉を閉めて洗濯をし直そうとしたとき、彼女の目に信じられないモノが飛び込んできたのです。

なんと濡れた洗濯物の隙間から覗いていたのは、白い毛に覆われた猫の脚でした。そう、ステファニーは知らずに愛猫フィリックスを45分間衣類と一緒に洗濯してしまったのです!

こぼれ落ちる涙を必死に堪えながら、すぐさまフィリックスを洗濯機から助け出し、ミネソタ州にある動物緊急病院へ駆け込んだステファニー。この時点でフィリックスは目の光を失っており、大量の水が肺に入ったことで肺炎を引き起こしていました。しかし、獣医たちの懸命な努力の甲斐あって、フィリックスの容態は徐々に回復に向かい、今では目も見えるようになり、エサも食べられるとのこと。

フィリックスがどのような思いで洗濯機の中の45分間を過ごしたかと思うと胸が痛みます。飼い主のステファニーも「この事件のことで自分を許すことは今後決してないだろう」と自責の念に駆られていることを告白しています。

いくら気をつけていても予期せぬアクシデントは起きてしまいます。猫を飼っているなら、あなたも洗濯機を回す前に必ず中をチェックするように心がけてください。そうでないと大切な愛猫の命を奪う結果となってしまう可能性もあるからです。

コメント

おすすめの記事