猫の習性を利用して庭や花壇から猫を遠ざける11の方法

猫は頭が良くて好奇心旺盛。そこは猫の大きな魅力でもあり、ときに悩みのタネにもなります。 丹精込めたお庭に猫が入ってきて、荒らしたり、「置き土産」を置いていかれたら、猫好きさんでもうんざりしてしまいますよね。

猫よけの忌避剤や超音波なども市販されていますが、もっと猫や他の動植物に優しい効果的な方法もあります。この記事では、家庭でできる安全な猫よけ対策をご紹介します。

Katzen

1. 網を置く

猫が庭や花壇が好きなのは、そこに草花のためのフカフカな柔らかい土があるから。猫がフカフカな土を掘り返すことができないように花壇に目の荒い網をかぶせるのが有効です。写真のように木の棒を碁盤状に並べてもいいですね。最近では100円ショップにも猫よけの網が売っているので試してみてください。

Abdeckgitter

2. 匂いで追い払う

猫の嗅覚は繊細です。刺激的な匂いを嫌います。猫のお気に入りの場所に、ニンニク (皮をむいたものや刻んだもの) 、コショウ、クローブを散らせば、この場所の魅力をかなり減らすことができます。コーヒーの粉をまけば、迷惑な訪問者を寄せ付けないと同時に、良い肥料にもなります。ただし、雨が降ったり、時間がたったら、追加したり、入れ替えたりする必要があります。

Geruchsfallen

3. 自作猫よけスプレー

自作の猫よけスプレーは庭の柵や植木鉢、家の壁などを猫から保護したい時に効果的です。また、愛猫がシクラメン、菊、チューリップなどの有毒な観葉植物を誤って食べないようにすることもできます。

Katzenspray

作り方は何通りかあります。

1:水+数種類のエッセンシャルオイル(レモンオイル、ラベンダーオイルなど)数滴。
2:リンゴ酢+ハンドソープ+水
3:柑橘類の皮を水で20分煮る+胡椒+シナモン

スプレーボトルに入れて、よく振ってから使用しましょう。

Katzenspray

4. 石を敷き詰める

猫が植木鉢を気に入ってしまい、自分の縄張りにしてしまうと、猫よけスプレーにも反応しなくなることがあります。猫は土をひっかき、土に自分の匂いをつける習性があるので、大きめの植木鉢なら土の上に石を敷き詰めれば猫は入らなくなります。ただし、石が小さすぎるとかえって猫にとって居心地のいい場所になってしまいます。

Topfschutz

5. もっといい場所を作る

猫の楽しみを奪ってしまうのは可哀想と思う人は、もっと良い場所を提示するのはどうでしょう。たとえば、猫の大好きなハーブ「キャットニップ」を詰めたクッションを木から吊るしておくのはどうでしょう。飼っている猫が庭で排泄する場合は、トイレが気に入らないのかもしれません。あるいは、トイレの場所がよくない可能性もあります。

Alternativen

6. バークチップ

猫に入ってほしくない場所に天然樹皮でできたパークチップを敷き詰めるのも有効です。前述の通り、猫は細かい土や砂を掘り返すのが好きなので、粒の大きなバークチップを敷いた場所は避けて通ります。バークチップのよいところは、金網よりも見た目が美しく、地面を乾燥から守るところ。松ぼっくりも同じ働きをします。

Rindenmulch

7. 猫の嫌いな植物を植える

庭に猫を入れたくないなら、猫が嫌いな匂いを発する植物を植えるのも効果的です。ルー、ラベンダー、ローズマリー、ペパーミント、レモングラスなどの匂いを猫は嫌います。人にとって心地よい香りという点もいいですね。

Bepflanzung

また棘のあるサンザシやイバラを生垣にすれば、敷地内に猫を入れないようにすることができます。棘は猫にとって不快ですが、危険ではありません。ヒイラギや月桂樹も生垣でよく使用されますが、猫に対して毒性があることを覚えておいてください。猫がとげのある葉を食べてしまうことはめったにありませんが、念のため避けた方がいいでしょう。

Hecken

8. 水を使う

猫は水を怖がります。水に対する嫌悪感がどこから来ているのかはわかっていませんが、とにかく水を嫌うという習性を利用することもできます。あなたが庭にいるときに招かざる猫がきたときは水鉄砲で追い払えばいいのです。ただし、毎日、待ち伏せするわけにも行きませんよね。そのため、動き検出器付きの芝生用スプリンクラーも市販されています。もちろん郵便配達の人などがびっくりしないように設置しましょう。

Wasserspritze

9. 音で追い払う

猫の侵入を見つけたら、音を立てて追い払うこともできます。拍手やノックなど大きな突然の音が有効です。缶とネジでガラガラを作ってもいいですね。何度か音にびっくりすると、賢い猫は花壇や植木鉢に近づかなくなります。

Geräusche

10. キラキラするもの

カラスなどの鳥の多くはきらめく物体には近づかないようにしています。果樹などにCDが吊り下げられているのを見たことがあるでしょう。実は猫もキラキラする光を恐れます。ただし残念ながら、この方法は日中またはライトアップされた庭で予防的にのみ有効です。

Glitzern

11. 飼い主に相談する

最後の方法にはあなたの社交スキルが少し必要。庭に侵入する猫の飼い主を知っているのであれば、飼い主に問題を説明して、一緒に解決策を探すのです。猫が自分の庭に排泄をしないのはよくあること。ですから、庭の隅などにトイレを設置してもらえば、あなたの庭をトイレとして利用するのを防ぐことになります。また、不妊手術を受けていないネコの放し飼いも大きな問題です。行政から助成金が出ることもあるので、飼い主に去勢手術に同意してもらいましょう。

Mit dem Besitzer reden

どのような方法を選ぶにしても、庭に来る猫や他の動植物に危害を加えないように注意したいもの。5のように猫が夢中になってしまう場所を1箇所作ってみたり、逆に猫の好奇心をそそるものを置かないようにするのも手です。できるだけ化学物質の使用を避けて、安全な方法を取りたいですね。 

 

コメント

おすすめの記事