マラソンがもっとエコになる 「食べられる袋」が画期的!

今や全国各地、世界各地で催されるマラソン大会。皆さんも参加したことはありますか?タイムを競いしのぎを削るランナーたちもいれば、大会ご当地の名物屋台や自然などを楽しむランナー、仮装しながら走るランナーまで楽しみ方は様々。 お祭りみたいな雰囲気に気分も高揚します。

 
 
 
 
 
View this post on Instagram
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 

A post shared by Art Of Your Success (@art_of_your_success) on

でもランナーなら、次々に沿道に投げ捨てられていく、飲み終わったカップを目にしたことのある人もいるはず。大会ボランティアの人たちが清掃してくれるとはいえ、1度きりしか使われない紙コップやプラスチックのカップ、そしてペットボトルが大量にゴミとなって出てしまうのです。

 
 
 
 
 
View this post on Instagram
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 

A post shared by TheLastStraw (@thelaststraw__) on

たった1度しか使われずに捨てられるプラスチックカップの数は、世界中で1年間に500億個。生分解性のないプラスチックは、半永久的に地球に残ると言われており、海洋に流れ出て目に見えないほど小さくなったプラスチックは、魚や飲料水から私たちの口に入っています。

 
 
 
 
 
View this post on Instagram
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 

A post shared by 🌊BEACHBOY🌊 (@kamochiclothing) on

できるだけプラスチックゴミを減らそうと、普段はマイボトルやマイカップを持参している人も、マラソン中まではそうはいきませんよね。そこで開発されたのが、こちらOohoです。

 
 
 
 
 
View this post on Instagram
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 

A post shared by Ooho! made by Notpla (@oohowater) on

透明な袋の中に入っているのは水やスポーツドリンク。ランナーは給水所でOohoを受け取ると、この袋ごと口に入れてしまいます。この袋は海藻や植物の成分を使用したNotplaと呼ばれる素材でできていて、4〜6週間で自然に還ります。

 
 
 
 
 
View this post on Instagram
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 

A post shared by Ooho! made by Notpla (@oohowater) on

もちろん袋ごと食べられます!

 
 
 
 
 
View this post on Instagram
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 

A post shared by Ooho! made by Notpla (@oohowater) on

2019年のロンドンマラソンの給水所で実際にOohoは使用され、3万個以上のプラスチックカップ削減に成功しています。

 
 
 
 
 
View this post on Instagram
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 

A post shared by Jessica Scifers (@jessica_scifers) on

袋の中には水のほか、ジュースやカクテルなどのアルコールのほか…

 
 
 
 
 
View this post on Instagram
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 

A post shared by Ooho! made by Notpla (@oohowater) on

ケチャップやマヨネーズだって入れられます。今後Oohoのさらなる実用化が進めば、マラソン大会などのスポーツイベント、食品業界などでの一度きりの使用で捨てられるプラスチックゴミの量は大幅に削減されるでしょう。

 
 
 
 
 
View this post on Instagram
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 

A post shared by Ooho! made by Notpla (@oohowater) on

2013年にインペリアル・カレッジ・ロンドンと王立芸術大学でデザイン工学を学んでいたロドリゴ・ガルシア・ゴンザレスとピエール・パスリアーが開発したOoho。ソーシャルメディアを駆使しつつ、フリーマーケットやフードイベントに出店しながら、認知を広めていったそうです。その後化学者や起業家の協力を得て、現在は完全実用化に漕ぎ着けています。

 
 
 
 
 
View this post on Instagram
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 

A post shared by Ooho! made by Notpla (@oohowater) on

今まで何の気もなく使っていた、ペットボトルや紙コップ、プラスチックカップやストロー、紙皿、サランラップなど、たった一度の使用で捨てていた製品を使う時代はもう終わりなのかもしれません。Oohoのような環境負荷の低い製品がもっと増え、広く普及するといいですね。

プレビュー画像:©︎Instagram/notpla

出典

artfido

プレビュー画像:©︎Instagram/notpla

コメント

おすすめの記事