縫う必要一切なし!靴下とハサミで作る簡易マスクの作り方

コロナウイルスの感染拡大防止のため日本各地で出されている外出自粛要請。そうは言っても、在宅勤務をすることができず仕事へ出かけなくてはならない状況の人は数多くいます。
今や外出時に欠かせないマスクですが、品不足は未だ続き、多くの手作りマスク情報がネットで見られるようになりました。そうは言っても、裁縫が苦手な方や自宅にミシンのない人にとって手作りマスクはハードルが高いもの。

そんな悩みを抱える人にとって、救世主となる「糸も針もゴムも不要、縫う作業は一切なし」の手作りマスクを紹介したある動画がTwitter上で話題になっています。その動画がこちら。

動画で見て分かるのように、必要なのは靴下とハサミのみ。以下、作り方を詳しく説明していきます。

[email protected]

まず、靴下のつま先部分と、踵から上の部分を切り離します。

[email protected]

そして輪になった部分の両端1.5㎝〜2cmほどの箇所に写真のように半分ほど縦に切り込みを入れます。

[email protected]

次に切り込み箇所が同じ面に来るように靴下の輪の折り目を変えます。

[email protected]

そうしてキッチンペーパーを準備し靴下の輪のサイズに収まるように折りたたみ、輪の中に入れていきます。

[email protected]

[email protected]

最後に形を整えたら、切り込みを入れた部分を耳に掛けてマスクの完成です。

[email protected]

動画では最後にライターの火をかざし、マスク越しに息を吹きかけても正面に息が吹き出ることなく、間に挟んだキッチンペーパーがフィルターの役割を果たしていることを見せています。

[email protected]

縫製の必要が一切なく、特別な材料も不要なこの簡易マスクの動画は多くの人から反響を呼びました。

手作りのハードルを一気に下げただけでなく、これならゴムや布を購入するという費用や時間も省くことができます。
外出自粛要請が出て、日用品の買い物ですら困難と感じている人も多い現在、今すぐできる手作りマスクのアイディアが役に立ちそうですね。

コメント

おすすめの記事