汗染みによる黄ばみやニオイを取る簡単な2つの方法|脇汗の黄ばみの落とし方

蒸し暑い季節、気になるのが脇の下の汗。汗のニオイも気になりますが、脇汗のせいで服が黄ばむのはとっても不快。 しかも汗は服の繊維にしみ込み絡まる非常に頑固な汚れなので、洗濯してもなかなか落とすことができないのが厄介です。

pin

汗が出てくる器官である汗腺はエクリン腺とアポクリン腺の二種類があります。エクリン腺から出てくる汗は成分が99%水分で臭いや色もつかない一方、アポクリン腺から分泌される汗には、水分意外に鉄分、脂肪、たんぱく質、アンモニアの他に「リポフスチン」という色素成分が含まれており、これが脇汗の黄ばみの原因となります。

アポクリン腺分泌物によるシミは洗濯しても取ることが難しく、また臭いの元となる菌が繁殖してしまうことも。そんな時、お気に入りのTシャツやシャツ、帽子を処分するまえに試してもらいたい技があります。

pin

1. 重曹と酢

pin

まず黄ばんでいる部分をぬるま湯で濡らし、そこに重曹を振りかけ最低でも1時間、理想的に言うと一晩漬けておきます。重曹はアルカリ性であり多孔性でもあるので臭気を吸収する効果もあります。手でゆすぎ洗いをして、冷たい水に酢を入れたものにまた1時間から一晩浸け置きます。その後通常通り洗濯機で洗濯して天日干しします。

pin

2. マルセイユ石鹸とレモン

pin

シルクなどの繊細な服にはもう少し繊維に優しい方法が必要です。まずマルセイユ石鹸をシミの部分に小さな塊ができるまで擦り付けます。そこにレモンを絞って乳化するまで優しくこねます。その後手洗いモードの洗濯機で優しく洗うか、手洗いします。

pin

これでシミを気にすることなく服を着れますね!

コメント

おすすめの記事