Connect with us

Lifehacks

時間がなくて沸騰した鍋にお米を放り込んだ。6分後、鍋からザルに上げられたお米をみて驚いた

近年食生活の欧米化が進み、米離れが進んだとはいえ、根強い米ファンがいるのは事実。しかし忙しい現代人には炊飯器でお米を炊く時間を待っていられないという人もいるはず。またはお米を洗っておいたのに、炊飯器のスイッチを忘れた、なんて悲劇が起こることもしばしば。そんな時、知っておくと便利な速攻でお米が炊ける時短テクがあるのです。その時短テクとは、沸騰したお湯にお米を放り込むだけ。

その方法だと、なんとお米が6分で炊き上がるというのです。その詳しい方法はこちら。

時短炊飯の方法

1.お米を研いで30分程度浸水させておきます。

2.米1合に対して1リットルの水を鍋に用意して沸騰させます。

3.沸騰したら米を入れて6分待ちます。

これだけ。
6分後、お鍋の中にはまだお湯が残っている状態なので、麺類を茹でた時のようにお米をザルにあげます。「え、炊き上がってないのでは」と思うかもしれませんが、食べてみるとそれはまさに炊きあがったお米。

お米

沸騰した鍋にお米を放り込むなんてちょっと乱暴な気がしますが、この方法なら6分でご飯が炊けてしまうのです。仕事で帰宅が少し遅くなり時間がない時、前の晩にお米をセットしたものの、炊飯器の予約機能のセットを忘れてしまった時に使える便利な裏ワザです。晩御飯の準備を全てしたのに炊飯器のスイッチ入れ忘れていた、なんて時にもオススメ。「お米は準備した、でも時間がない」そんな時はぜひ試してみてください。

プレビュー画像:©️Pinterest/macaro-ni.jp, ©️Pinterest/kinarino.jp