ちえとくをフォローする

Lifehacks

アルミホイルに海苔を引いてマスキングテープを貼る。これでおにぎりを包むとあっと喜ぶことがが起こる

日本人のソウルフードといえば「おにぎり」。近年のパンブームや糖質制限ダイエットなどで米離れが進みつつあると言われていますが、それらを1周して試した後、やはりおにぎりだと原点回帰した人も多いのではないでしょうか。

おにぎり

今も昔も私達の定番のおにぎりですが、お弁当にした時によくあるのが「海苔問題」。コンビニおにぎりは食べた時に海苔がパリッとなるようなフィルムで包まれていますが、家庭で作るお弁当のおにぎりは海苔もつけた状態で包むことが大半のため、食べる時には海苔はクタッとなってしまいます。

そんな時、家にあるもので一工夫しておにぎりを包むと、海苔をパリパリのままにすることができるのです。
「おにぎりの海苔はパリッとしたのがいい!」そんな願いを叶えるコンビニ風おにぎりの包み方をご紹介します。

<コンビニ風おにぎりの包み方>

用意するもの:

– アルミホイル
– マスキングテープ
– おにぎり
– 海苔
– サラダ油少々(なくてもOK)

包み方:

1. アルミホイルを海苔の長さより少し長めに切ります(海苔はおにぎりを一周クルンと包めるサイズを準備してください)

2. 切ったアルミホイルの中央に海苔を乗せ、両端を折りたたみます※この時折りたたむアルミホイルの両幅が1センチほど重なるようにします

包み方2

3. 裏返して中央にマスキングテープを貼ります。開封するときに剥がしやすいようにするため片方の先端を少し長めに折り返して貼ってください※マスキングテープは剥がれにくい強粘着のタイプを使ってください

包み方3

4. 次におにぎりを包みます。3で用意しアルミホイルをマスキングテープが裏面に来るようにひっくり返します。おにぎりがアルミにくっつかないようその表面に軽くサラダ油を塗ります。(サラダ油はなくてもOK、この場合はあらかじめアルミホイルをクシュっとさせて広げてから使うと、シワができておにぎりとの間に隙間を作り、くっつきにくくなります)

5. マスキングテープを長めに貼り付けた方を上にして、アルミホイルの端から1センチほど開けておにぎりをおき、手前側のアルミホイルを折り上げて、角を折り込むようにしておにぎりを包みます

包み方5

包み方5

6. 反対側の角を写真のようにテープで止めて完成です

包み方6

開け方はコンビニのおにぎりを開けるおように手前に飛び出たマスキングテープを下に向かって引っ張るだけ。そうするとコンビニのようなパリッとした海苔が現れます。

おにぎり

またアルミホイルは柄付きの可愛いものも売っているので、そちらを使うと可愛く仕上げることができます。

お弁当の定番おにぎりを楽しく、そしてもっと美味しくしてくれる工夫。忙しい毎日ですが、たまに一手間加えたおにぎりを出したら家族や大切な人があっと喜んでくれるかもしれませんね? ぜひ試してみてください。

プレビュー画像:©️Pinterest/mamatas.net, ©️Pinterest/mamatas.net