大谷翔平 飛躍の秘訣は家庭の料理にあり ○○を使うだけで食が細い子供もモリモリ食べるようになる

大谷翔平選手と言えば、メジャーリーグ、ロサンゼルス・エンゼルスに所属する日本の野球選手です。

投手と打者を両立する二刀流を武器にメジャーリーグに参戦。メジャー4年目にして大きな躍進を見せ、その腕前は日本だけでなくアメリカにもよく知られるようになりましたよね。

そんな大谷選手ですが、特徴的なのは何と言ってもその体格。

海外に出ると体格面で苦戦することの多い日本選手ですが、大谷選手に限ってはそれは当てはまりません。

193センチ95キロの堂々たる体躯は、アメリカの選手すら一目置くほどです。

そんな大谷選手ですが、2016年にダルビッシュ有選手との合同トレーニングを行った際に、さらに体を大きくするために、プロテインの摂取などを含めた1日6食の生活を送るアドバイスを受け、いまも実践しているそうです。

プロ野球選手としてこれだけの肉体を維持するためには、それだけ多くの食物を摂取しなければなりません。

しかし大谷選手、意外なことに子供の頃は食が細かったと言います。

そんな大谷少年はどのようにして、今のような驚くような体格にまで成長したのでしょうか?実はその陰には、温かい家族からのサポートがありました。

食が細い息子を心配した母親の加代子さんが「楽しく食べられる雰囲気をつくろう」と考え抜いた末に編み出したアイデアが、ホットプレートだったそうです。

ホットプレートを囲えば、週末は家族揃ってわいわいと賑やかな雰囲気の中、健康に良いご飯がたくさん食べられるのではないか…そう加代子さんは思ったのです。

この作戦(?)は功を奏し、大谷少年はご飯をモリモリ食べるようになったそう。

また大谷家がこだわったのは、決して食だけではありませんでした。父親の徹さんは、「子供の前では夫婦げんかはしない」と決めていたそうです。家の中では、ストレスのない、穏やかな一家団欒を楽しむことを何よりも大切にしていたそうです。

家族の努力が実ったことは、誰の目から見ても明らかです。

今でも大谷選手はホットプレートを手放せないらしく、インタビューでは、現在はブルーノというホットプレートで、冷蔵庫に入っている魚介類を駆使してパエリアなんかを作ってしまうそうですよ!

いかがでしたか?ホットプレートの意外な活用法を知ってびっくりすると同時に、活躍するスポーツ選手の陰にはいつも、温かく支えてくれる家族の存在があるのだなあとしみじみ感じずにはいられませんよね。感動しました!

大活躍の大谷選手に関する記事はこちらからもお読みいただけます。

 

プレビュー画像:  / © Pinterest/ highsnobiety.jp
出典

プレビュー画像:  / © Pinterest/ highsnobiety.jp

コメント

おすすめの記事