トイレットペーパーを使ったハリボテで作るイースターエッグ

イースターの時期に欠かせないのが、卵のモチーフのチョコレートやデコレーション。家中にカラフルなエッグ小物を飾れば、これだけでイースター気分満点です。今回は、そんなイースターエッグをトイレットペーパーのハリボテで作る工作をご紹介します。子供と一緒に作れば、トイレットペーパーを濡らす工程できっと子供達は大はしゃぎ!仕上げにチョコレートをたくさん仕込みましょう。

必要なもの:

  • トイレットペーパー 半巻
  • 風船 1個
  • ハサミ
  • デザインナイフ もしくはカッター
  • 絵の具
  • 串 1本
  • リボン
  • イースターエッグチョコレート 適量
  • 紙パッキン 適量 緑

作り方:

1. トイレットペーパーを1枚ずつ切り離します。

2. トイレットペーパーを水につけて濡らし、膨らませた風船に結び目の部分を除いて均一に貼り付けます。何重にも重ねることによって乾燥時の殻の強度が増します。

3. コップなどの上に風船をのせて1日ほどかけて完璧に乾かします。

4. 結び目の部分から風船を切ります。この時に潰れた風船がハリボテの中に入らないようにしっかり結び目を掴んでおき、引き抜きます。

5. デザインナイフで殻の一部を切り出し、そこからハサミを使ってギザギザに穴を切り出します。絵の具でリボンなどのイースターエッグのデザインを描きます。

6. 串を短く折り、リボンを結んで殻の結び目の穴に通します。殻の底に紙パッキンを敷き、イースターエッグチョコレートなどでデコレーションして完成です。 

トイレットペーパーを満遍なく全体に貼り付けるのがコツ。しっかり乾かして強い殻を作りましょう。

コメント

おすすめの記事