海外旅行保険でパスポート盗難された時に、この情報を知っておけば、ホテルも交通費も全部タダになる

日本のパスポートで渡航できる国数は現在世界第一位。とっても魅力的なパスポートなのです。 そのためそれを狙う人たちがいることも事実です。海外旅行の最中にパスポートを盗まれたらどうすればいいのでしょうか。心配しないでください。この情報を知っておけば、結果的にタダでパスポートが帰ってくるのみでなく、優雅なひと時を過ごせるかもしれません。

Flickr/Jay Malone

まず転ばぬ先の杖として海外旅行に行くときに入っていたほうがいいのが海外旅行保険。これはパスポートをタダで発給してもらうとか以前に、何かがあった時の備えとして入っておいたほうが安心です。また何かが起こったときにどこまでカバーされるかをキチンと把握しておきましょう。 盗難にあった際に警察で盗難証明書を発行してもらう時に便利なのがパスポートやビザのスキャン。スキャンが面倒くさい場合はスマホで写真を撮っておけば、飛行機内などで申請書を書く際にいちいちパスポートを取り出さなくても済むので便利です。

Flickr/Kanesue

パスポートを盗難された場合、日本大使館や領事館でパスポートを発行してもらうには、戸籍謄本が必要になります。日本から送ってもらう場合は急ぎの場合は送料が高くつき、早いといっても数日かかることが多いので、FAXで送ってもらいましょう。長期滞在の場合は、持参しても良いかもしれません。ここまでが日本国内でしておく備えです。

Wikipedia/Wakamin

では実際に盗難にあった後、どうすればいいのでしょう?まずは最寄りの警察署で盗難証明書が必要です。この証明書に盗難されたこと、自分に非がないこと、日付と場所が書かれていることを確認し、パスポートはもとより盗難されたものを全て記入してもらいます。このリストに載っていいないアイテムは後日保険がききません。当然ですがクレジットカードなどを盗まれた場合には気づいた時点で警察に行く前にカードを止めた方が賢明です。

Flicke/jelm6

その後大使館に向かいパスポート再発行のための手続きをします。以下のものが必要です。

  • 紛失一般旅券等届出書 1通
  • 一般旅券発給申請書 1通
  • 写真 2枚 縦45 x 35 mm(6ヶ月以内に撮影されたもの)
  • 警察署の発行した紛失届出を立証する書類又は消防署等の発行した罹災証明書等
  • 戸籍謄本または抄本 1通(6ヶ月以内に発行されたもの その他参考となる書類)
  • 必要に応じ本人確認や国籍確認のためパスポートのコピーなど
  • 手数料

パスポートの再発行が待てない場合は、渡航書を申請することができます。

Flickr/Alex Muller

一通りの手続きが終わったら保険会社に電話をしておきましょう。そうしておけば無事に帰国後のパスポートの発行費用を保険で補償してもらうためのプロセスが楽に進みます。しかし嬉しいことに保険が適応するのはそれだけではありません。パスポート再発行に必要な期間のホテル代や交通費もカバーされます。保険によって補償額が決まっているので、その範囲内で贅沢してしまいましょう。不幸中の幸いです。沈んだ心はこんなホテルに泊まって癒しましょう。

Flickr/Alan Light

保険会社やそのパッケージによって補償の範囲が違います。保険会社にパスポート紛失の電話をするときに、何がカバーされるかチェックしましょう。慣れない海外で病気になったり事故に遭っても大丈夫なように出国前に海外旅行保険に入ることをお勧めします。

出典

OTOQoo!

コメント

おすすめの記事