ペットと一緒でも家のキレイをキープする10のコツ

犬や猫を飼っているという家庭では、家の中をキレイに保ちたいけどなかなかそうはいかず、ペットは可愛いけれど、時として家の掃除が重労働に感じてしまうことも。 また、家を清潔に保つためこまめな掃除はもちろんですが、掃除を少しでも楽にするには、家の中でペットたちが出入りしてもいい場所を決めることも一つの手とも言えます。

この記事では、そんなペット飼いの宿命とも言える動物の毛や、たまに発生してしまう粗相があった時の掃除の時に役立つ10のコツを紹介いたします。

1.) サンドペーパー

サンドペーパーを使えば、毛足の短いラグやカーペットについたペットの毛をうまく取ることができます。サンドペーパーでそっとラグを擦っていけば、掃除機ではなかなか吸い取れない毛をサンドペーパーが絡め取ってくれます。

real men use sandpaper

2.) スクイージー

布張りのソファや椅子のクッション部分など、布地についたペットの毛にはタイルや窓ガラスについた水分を取り除くスクイージーを使うと便利です。

squeegee-cloth-shower

3.) 掃除機をこまめにかける

シンプルですが、犬猫に関わらず動物を飼っている場合は、こまめに掃除機をかけることが何よりも家全体を清潔に保つことにつながります。2日に1回は掃除機をかけるようにすれば、週末の掃除が楽に。

Miisa

4.) ゴム手袋

簡単だけど効果抜群なのがゴム手袋。服や絨毯の端についた猫の毛を取るにはゴム手袋がお役立ちアイテムに。ゴム手袋をすこし水で濡らしておくと、毛取りの効果がさらにアップします。

Yellow rubber gloves

5.) コロコロ

洋服や布地についた毛には、王道の「コロコロ」を。ペットがいる家では、玄関に置いておけば出かける前に服についた毛をささっと落とすのに便利です。

Essential kitten hair removing kit!

6.) 軽石

軽石はジーンズなどゴワゴワした生地についたペットの毛を取るのに便利なアイテム。

amazon

7.) 乾燥機

服についたペットの毛を簡単に、一気に取り除きたいのであれば、衣類を乾燥機に。猫を飼っている家では乾燥機の庫内に猫が隠れていないか確認してください。

IMG_2297 yet again lynxie finds a small space , haha

8.) ぬるま湯と重曹

万が一、猫や犬がソファやラグ、カーペットの上で粗相をしてしまったら...専用のクリーナーもありますが、そんな時はぬるま湯をいれたバケツ、空のバケツとタオルを準備します。粗相があった場所をぬるま湯で濡らし、タオルである程度水分を吸い取ります。それから、濡れた部分を準備した空のバケツの上で絞ります。2〜3回ほどこの工程を繰り返したら、匂いを取り除くために粗相の箇所にたっぷりと重曹をかけて、数時間置いておきます。最後に、掃除機で重曹を吸い取って完了です。

CIMG3674

9.) もう一つの重曹の便利技

重曹は、ラグについたペットの毛を取り除く時にも役立ちます。方法はとてもシンプル。重曹をラグの上にたっぷりとふりかけ、掃除機で吸えばOKです。

Dr Oetker Haus Natron

10.) 汚れ落としスペース

1日に最低2回はお散歩に出かける犬。室内犬の場合、雨の日などは外からの汚れを室内に持ち込みがちです。そこで室内で犬を飼っている人におすすめなのが、散歩から帰ってきた時に足や体についた汚れを拭き取るための「汚れ落としスペース」をなる場所を玄関に作っておこくとです。ハンドタオルやブラッシング用のブラシを準備しておくとさらに便利です。

Clear Water Fun

動物との暮らしは、私たちに癒しを与えてくれる分、お世話をしっかりとすることが大切です。家をキレイにしておくことも、彼らが健康に生活をする環境を整える、という点で大切と言えます。でも、忘れてはいけないのが、動物と過ごす時間をしっかりと取ること。そうすれば、大切にしているソファで爪をガリガリしてしまったり、注意を引きたくてつい粗相なんてことも減ってくるはず。ペットとの暮らしで避けては通れないこまめな掃除。今回紹介した方法、ぜひ試してみてください。

プレビュー画像:©︎Imgur/derpybuck,©︎flickr/blogofthrees

コメント

おすすめの記事