ちえとくをフォローする

Lifehacks

寝苦しい夜が快適に|いますぐできる除湿・涼感方法

例年よりも西日本を中心に早まった梅雨入り。その影響を受け、全国的に雨続き、そのため湿度の高い日々が続いています。湿度が10%上がると、体感温度は1度上がると言われており、湿度の高い日はどうしても暑苦しさを感じずにはいられません。

暑苦しさが続くと、当然就寝時もなかなか寝付けなかったり、暑さで目が覚めてしまい寝不足になってしまったりと、健康にも支障をきたしてしまいます。疲れを取るために寝たのに、逆に暑くてぐったり疲れてしまったなんて事を今年すでに経験したと言う人もいるのではないでしょうか。アイスノンやひんやり寝具を使うというのも、快眠につなげる一つの手ではありますが、持っていないと買いに行かなくてはいけません。

湿気のジメジメで寝られない…そんな悩みを解消してくれるある方法がSNSで話題に。

それがこちらです!

Twitterユーザーのひつじ@JIN制作さん(@hituji_1234)が紹介したこちらの方法は、凍らしたペットボトルの冷気を使い空気中の水分を引き寄せ、除湿すると言うもの。

[email protected]_1234

以前ちえとくでも湿気対策を紹介しましたが、これは就寝時に枕元に置く事で、除湿をして快眠につなげるという方法。除湿されるだけでなく、ペットボトルの冷気によって部屋の温度も少し下げることができます。

ひつじ@JIN制作さん曰く、「体感でエアコンの『除湿』より5倍効く」のだそう。また、さらにひんやりを長引かせるために、凍らしたペットボトルを金属のボールに入れるという工夫もされているそうです。(結露するので、その際は下にタオルなどを引いて水分対策をするようにしてください)

早速試してみたという方は「快適すぎた」「涼しくて気持ちいい」などの感想が寄せられています。

熱帯夜を乗り切る方法として、これならすぐに試すことができそうです。寝苦しい夜に悩まされているという方、こちらの方法をぜひ試してみてくださいね。

以前紹介した記事はこちら:梅雨の季節におすすめ|ペットボトルでできる簡単湿気対策

プレビュー画像:©︎Twitter/hituji_1234