100均DIY:思い出の写真とレジンを使ったアクセサリーを手作り

写真データ、いっぱいになっていませんか?今回は、大切な写真を使ったユニークなハンドメイドのアイデアをご紹介します。 写真を縮小してプリント、レジン加工してパーツを作り、繋げてオリジナルのブレスレットやチョーカー、ネックレスなどを作ります。材料も100均や手芸ショップで簡単に手に入るものばかり。子供たちとも一緒に楽しめる簡単な工作DIYです。

必要な物:

  • 印刷した写真 縮小したもの
  • ハサミ
  • レジン型
  • レジン
  • プラスチックカップ ショット用の小さい物など
  • 混ぜ棒
  • ミニルーター
  • 工芸用プライヤー
  • 手作りアクセサリー用金具 丸カン、ヒートン、止め金具など

作り方:

アクセサリーに使いたい写真を選び、肩の大きさに合うように縮小してプリントします。写真を切り抜いて型に合わせて大きさを確認し、その後レジンを指定通りに混ぜます。

YouTube/LittleWindowsResin

レジンを型に入れてから写真を絵のある方を上にして落とし込み、混ぜ棒でゆっくりと型の底まで押し込みます。出てきたら泡はすくい、硬化させます。

YouTube/LittleWindowsResin

固まったら型をひねって取り出します。

YouTube/LittleWindowsResin

角をハサミで落とします。

YouTube/LittleWindowsResin

手首や首の周りの長さを紙のテープで測り、そのテープを元にブレスレットやチョーカーの長さの見当をつけます。

YouTube/LittleWindowsResin

ルーターで左右に穴を開け、丸カンなどを通せるようにします。

YouTube/LittleWindowsResin

ピンや丸カンなどでブロックをつないでいき、長さを測ったテープを参考に長さを調節します。

YouTube/LittleWindowsResin

両端を止め金具で止めて完成です。

YouTube/LittleWindowsResin

思い出が詰まったアクセサリーはとても特別なものがあります。

アンティークの写真を使うと味わいのあるジュエリーができます。

自分のペットの写真を使ってもいいですね。

1

同じ要領で、旅先の地図を加工しても素敵!

こちらが作り方のビデオです(英語のみ):

自分で着けても良し、誰か大切な人にプレゼントしても良し。子供たちの工作にもいいかもしれません。

出典

YouTube

コメント

おすすめの記事