【レジ袋をアップサイクル】ゴミだったビニール袋がいろんなファッションアイテムに生まれ変わる!

スーパーのビニール袋は平均で12分使用された後に捨てられてしまうそうです。しかし自然によって分解されるには400年から1000年かかると言われています。

一番いいのはビニール袋を使わないこと。

でも今現在の実情としてビニール袋はいたるところにあふれています。ビニール袋を減らす脱プラの努力はなされていますが、それでも実際の使用時間は短いまま。そこで今回は、ビニール袋を使ったアップサイクリングのアイディアをご紹介します。

Pinterest

必要なもの:

  • ビニール袋・レジ袋
  • ハサミ
  • かぎ針もしくは編棒

まず最初にビニール袋を1本の紐にして「プラーン」を作ります。プラーン(Plarn)とは、プラスチック(Plastic)でできた糸(Yarn) のこと。紐は毛糸のように丸めておくと、後の工程が楽になります。様々な方法がありますが、袋の強度に合わせて切り方を変えてみるのもいいかもしれません。

1
2
3

4

こちらは、手順を説明した動画です。(音声はスペイン語のみです)

ビニール袋の毛糸玉の出来上がり!

1

あとは、編み込んでいくだけ。

pin

これで小銭入れから、ビーチバッグ、なんでも好きなものができます。

pin

pin pin pin pin pin pin pin pin pin pin

pin pin

プラスチックで編んだ物にはこんな特徴があります

  • 水がしみない
  • 軽い
  • 安い
  • 意外と丈夫!

これでビニール袋を見る目が変わるはずです。

出典

La Bioguía

コメント

おすすめの記事