DIY建築:プライベートシネマを庭に建てた男性

英国ベッドフォードシャーに暮らすアシュレイ・イェイツは、熱狂的な映画ファン。映画館というちょっと非日常の空間で、映画の世界に没頭する時間をなによりも愛していました。 でも映画館という空間を共にする人たちを選ぶことはできません。ひそひそ声で喋り続けられたり、スナック菓子を音を立てて食べられたりしたら雰囲気台無しです。それに映画が始まる前の長すぎる広告や予告編に費やす時間ももったいない。

そこで彼は自分だけの、でも本物顔負けの映画館を作ることにしました。

凝り性のアシュレイは、部屋に映画館のシートを置くだけでは満足しません。映画館の設計図を描くところから始めました。

アイディアを青写真のままで終わらせないのがアシュレイのすごいところ。裏庭を整地して建設開始です。

デザインと建築を学んでいただけあって、作業は順調に進んでいきます。

週末しか作業を進めることができなかったものの、たった2週間でここまで完成。内装もすでに整っています。

仕上げにペンキを塗って、完成!庭のグリーンと調和するように、あえて木目を生かしたダークブラウンに塗りました。見た目は庭の物置小屋ですよね?

でも一歩足を踏み入れると、そこはミニシネマ。赤いベルベットのシート、重厚感のあるカーテン、外界から遮断された特別な空間が広がっています。

この映画館だったらおやつも食べ放題。ポップコーンは嫌いというアシュレイ、自分の好きなお菓子だけを揃えました。

今までは部屋に所狭しと並べていた大好きな映画のポスターも館内に飾れば老舗の映画館の雰囲気。友人たちが集まれば大画面でゲームだってできます。

映画上映が始まれば、照明はゆっくりと消えていきます。

ソファに寝転んで見るのとはひと味もふた味も違った、映画鑑賞の楽しみを味わうことができます。

自分の手で夢を実現させたアシュレイ。思い切ってやってみれば、案外夢は叶えられるかもしれませんね。

友人たちを呼んでお気に入りの映画を見比べるのもよし、ゲームで盛り上がるのもよし、そして一人ひっそりと映画に没頭するのもよし。映画好きな人なら誰もが羨むような裏庭の映画館ですね。

出典

toriicinemas

コメント

おすすめの記事