たこ糸を巻いた風船と新聞紙で作る秋にぴったりなデコレーション

ハロウィンと言えばかぼちゃですが、オレンジ色のかぼちゃは最近でこそ日本でも見かけるようになりましたが、それでも希少価値のせいか値段が高めです。 わざわざ買わなくても作ってしまえばいいのです。ハロウィンのデコレーション用のかぼちゃを風船を使って簡単に張りぼて工作しましょう。

材料:

  • 風船 1個
  • マスキングテープ
  • たこ糸
  • ハサミ
  • セロテープ
  • 木工用ボンド
  • 刷毛
  • 新聞紙
  • アクリル塗料 2色

作り方:

風船を控えめに膨らまし、空気が漏れないように吹き込み口をねじってテープで止めます。

吹き込み口の横にたこ糸の一端をマスキングテープで固定し、たこ糸をぐるっと回します。

次に90度角度をずらして、最終的に風船がだいたい8等分になるようにします。

たこ糸が短くて足らなかったら、新しいたこ糸をマスキングテープで留めて作業を続けます。

巻いたたこ糸がずれないようにセロテープで糸を固定します。

風船の底の一点で全てのたこ糸がクロスするようにまとめ、動かないようにセロテープで留めます。

吹き込み口を解き、さらに空気を吹き込みかぼちゃの形にします。

木工用ボンド3に対し水1の割合で混ぜます。新聞紙を二重に貼るのでボンドは多めに用意しましょう。

新聞紙を細長い形に千切り、薄めた木工用ボンドを刷毛で風船に塗りつけ、一区切りずつ風船に貼り付けていきます。

新聞紙で全てが隠れるように貼り付けます。

ヘタの部分は新聞紙の半面を作って作ります。半分に折ったものを丸め、再び折ります。それをマスキングテープで巻いてまとめます。元の部分にテープを付けて風船の吹き込み口の上に貼り付けます。

その上にもう1レイヤーの新聞紙を貼り付けます。

貼り付けた新聞紙が乾いたらアクリル塗料で色を付けます。こちらの製作例では、デコレーション用として流行のパステル系のかぼちゃに仕立て上げました。

一風変わったかぼちゃのデコレーションが出来上がりました。お子さんと一緒に楽しくハロウィンの準備ができますね。マンネリ化したハロウィンのデコレーションとは一味違うかぼちゃを楽しんでください。

コメント

おすすめの記事