2020年東京パラリンピック|プラカードの色が黒地に黄色の理由

2021年8月24日行われた、2020年東京パラリンピックの開会式。

オリンピックでは日本勢が史上最多となる58個のメダルを獲得するなど大きな盛り上がりを見せたため、今回のパラリンピックにも期待に胸を膨らませている人も多いのではないでしょうか。

そんなパラリンピックの開会式ですが、一部のネットユーザーから、「どうしてこうなった?」と疑問の目で見られている部分がありました。

それは、各国の選手団が入場する際の、プラカードの色です。

黒地に、黄色の文字で書かれた各国の名前。確かに、華やかな開会式で掲げるプラカードにしては、いくぶん地味な印象がありますね。

多くのインターネットユーザーが、「どうしてこの色にしたの?」と疑問を持つ中、その疑問に明確に答えを出したツイートが、大きな話題を呼んでいます。

実際にそのツイートをご覧ください!

なんということでしょう!

プラカードをこの配色にしていたのは、色覚障害のある方でも文字がよく見えるようにするための配慮だったのです。

赤と緑の間や、青と紫の間で色を選ぶと、色覚障害の人には違いが分かりにくくなると言われています。黒と黄色であれば、コントラストが強く、色合いもかぶらないため、色覚障害のある方にはとても見やすい組み合わせなのです。

開会式では他にも、プラカードを掲げる方にも義足や車椅子の方を起用しており、大会のコンセプトに合っていると好意的に受け止められています。

Twitterの人々の反応

いかがでしたか?

こうした細かい配慮によって、今大会が、すべての人に向けられた大会であるという決定的な宣言をしているようにも見えますよね。世界的なスポーツの祭典の幕を開ける、相応しい開会式になったと言えるのではないでしょうか?

パラリンピックでも、日本勢の活躍に期待せずにはいられません!

プレビュー画像:  / © Twitter/KoUsagi_Circus

 

出典

プレビュー画像:  / © Twitter/KoUsagi_Circus

コメント

おすすめの記事