Connect with us

healthchannel

綿棒:耳掃除に使う代わりに便利な使い道あれこれ。

1926年にアメリカで発明された綿棒は、耳掃除に革命をもたらしました。でも使い方を間違えると、却って耳を傷つけてしまうことも。綿棒は外耳を掃除するのには有効ですが、耳の中に使って鼓膜や神経を傷つけたり、耳垢を奥へと押し込んで結果的に耳の聞こえを悪くしてしまうケースが多いのです。

 

Ein Beitrag geteilt von Jesse (@hutchstyle) am

綿棒は耳の奥に突っ込むのは絶対にやめたほうがいいですが、家の中では次の様々な場所に便利に使える優れもの。10の便利な使い道を見てみましょう。

1. 細かい場所の掃除に

綿棒はテレビやゲーム機のリモコン、パソコンのキーボード、ヘアドライヤーの排気口など、どうやっても手が届かない場所をきれいにしてくれます。少し濡らして使うと吸着力がアップ。

 

Ein Beitrag geteilt von Koema? (@k03m4) am

2. ジッパー

ジッパーが動かなくなり無理に動かして生地を傷めてしまったことがある人も多いかもしれません。綿棒にシャンプーやボディソープ、ワセリンなどをごく少量付け、ジッパーが噛んでしまった場所をこすります。ジッパーの滑りが蘇ります。

pin1

3. 目の下のクマ

寝起きのむくんだ瞳。目の下のが腫れぼったく見えると、瞳の印象がぼやけて老けて見えてしまいます。こんな時も綿棒が役に立ちます。アイクリームを綿棒に塗って一晩冷蔵庫に入れておきます。翌朝、この綿棒でむくんでいる部分を優しくなぞると、むくんでいる部分が冷却され、アイクリームも浸透しやすくなります。

pin1

4. マニキュア

爪からはみ出たマニキュアはちょっとだらしない印象を与えてしまいます。かといって一から塗りなおす時間がない時は、綿棒を除光液をつけて爪の周りのマニキュアがはみ出てしまった箇所を擦りましょう。

1

5. 香水

朝つけた香水は日中でだいたい消えてしまいます。夕方にもう一度付け直したい、でも携帯に便利なアトマイザーがない…だからと言ってガラス製の香水の容器そのものをハンドバックに入れて持ち歩くのは現実的ではありません。香水に浸した綿棒をラップで包んでおけば持ち運びにも便利です。夕方、綿棒を体につければアフターファイブもお気に入りの香りが楽しめます。

pin1

6. メイクアップ

まぶたにのせたアイシャドウを肌になじませたり、複数の色のアイシャドウをまぶたのうえで自然になじませるのに綿棒を使えば、よりプロフェッショナルな仕上がりに。

pin1

7. 髪の生え際

白髪を染めた髪の毛が伸びると、生え際が気になりますよね。こんな時は髪の毛の色に近いアイシャドウを綿棒に付け、生え際に塗ります。

pin1

8. メイクの修正

アイメイクの最中に、つい手がブレてアイライナーやマスカラがはみ出してしまうことがあります。綿棒はそんな修正にも大活躍。

pin1

9. 小鼻ケア

肌が乾燥すると毛穴に詰まった角栓も硬くなって排出されにくくなります。綿棒にたっぷりオリーブオイルを染み込ませ、小鼻をくるくるマッサージしてあげましょう。あとは泡洗顔でオイルと角栓を落とし、しっかし化粧水や乳液で保湿します。小鼻周りのざらつきがなくなり、手触りが柔らかくなります。

10. 塗装補修

家具や壁、床の色が剥がれたら、綿棒にペンキを染み込ませて補修します。刷毛で塗るよりずっと楽で綺麗にできます。

pin1

耳掃除用に買った綿棒は、家事に美容に使い道いろいろ。使う機会はむしろ増えるかもしれませんね。できれば柄の部分がプラスチック製ではなく紙製のものを買って、地球に優しく暮らしたいものです。