【リボベジ】ネギだけじゃない!自宅で栽培できる再生野菜8選

みなさんは「リボベジ」という言葉を知っていますか?英語で「再生野菜」を意味するRebornVegetable(リボーンベジタブル)という言葉が由来で、余ってしまった野菜を水に浸けて再収穫を楽しむことを意味します。 でも、一体どれだけ多くの野菜・果物が自宅で再生可能なのでしょうか?そこで今回は「自宅で簡単に栽培できる再生野菜8選」を紹介します。

1.ネギ

これは知っている人が多いかもしれませんが、ネギは簡単に再生可能です。料理に使われることなく余ってしまったネギは捨てずにグラスに入れた水に浸けて、日当たりの良い場所に置いておきましょう。これだけで数週間で新鮮なネギを収穫することができます。

Imgur

2.にんにく

料理で残ったにんにくの芯やヘタから再生可能です。水を含ませた赤玉土の上で発根させたあと、土に植え替えて、球根を収穫しましょう。

Imgur

3.ショウガ

余分なショウガはまず24時間水に浸しておき、鉢植えやプランターなどの土に植えましょう。半年から1年ほどで収穫可能です。ショウガは水分をあまり必要としないため、雨の当たらない屋内で栽培するのをオススメします。

Imgur

4.バジル

バジルも再生可能です。茎を10cmほど残したママで刈り取り、水を入れたグラスに入れて日光がよく当たる場所で栽培しましょう。根が5cmほどまで伸びたら、鉢に植え替えて育てると、丸ごとバジルに成長させることもできます。

Imgur

5.じゃがいも

じゃがいもを再生栽培するのに重要なのは植える季節です。残ったじゃがいもは、捨てずに4月の中旬にプランターや鉢植えに植えて下さい。植えつける1ヶ月前に種イモを日光に当てて、丈夫な黒紫色の若芽を伸ばしておいてから植えつけて下さい。

Imgur

6.マッシュルーム

マッシュルームは傘の部分だけ料理に使って、石づきの部分を堆肥と土を混ぜたものに埋めて下さい。傘の部分が育ったら料理に使って、また石づきから育てましょう。

Imgur

7.ミント

ミントほど再生栽培が楽な野菜は存在しないと言っても過言ではありません。鉢に土を入れてそこに植えて水やりをすればOK!繁殖力がものすごく強いため、いやというほど育ってくれます。ミントは種類がスペアミント、ペパーミント、アップルミントと様々ですが、どれも再生可能なのでぜひお試しください。

This mint plant grew through a clothes peg spring

8.パイナップル

丸ごとパイナップルを買ったら、緑の葉っぱのところを捨てずに取っておきましょう。根っことなる芯の部分を残して、実を取り除いて下さい。2週間ほど水栽培すると根っこが生えてくるので、これを土に植え替えます。数カ月で葉が落ち、2~3年後にはパイナップルの実をつけるようになるでしょう。

How to grow your own pineapple.

いかがでしたか?これらの野菜・果物を今まで生ゴミに捨ててしまっていたという人は、ぜひ再生栽培をお試し下さい。地球にもお財布にも優しいリボベジ栽培がこれからどんどん広まっていくといいですね!

プレビュー画像:©︎imgur/jennny55

出典

プレビュー画像:©︎imgur/jennny55

コメント

おすすめの記事