レンジでできる|夏に嬉しいお手軽・簡単蒸しナス

初夏から秋にかけて旬のナスは、焼いても蒸しても揚げてもおいしく、特にさっぱりとしたものが食べたいこの季節は、蒸し、または焼きナスを冷たい麺類のトッピングにして食べたり、生姜醤油でさっぱりキリッと食べたり、何かと登場回数の多い食材です。

そこで今回は、コンロも鍋も使わずあっという間にできてしまう簡単蒸しナスの調理法をご紹介します。その方法は、料理家のおりえさん(@orie13a)がTwitterで紹介したこちらの方法。

ナスに爪楊枝を突き刺して、穴を数カ所開けてラップでレンチンするのみ。

[email protected]

レンジを使って加熱するため、水溶性であるナスの皮部分の色素ナスニンが水に溶け出すこともなく、ナスの色が鮮やかなまま残ります。

[email protected]

タレを掛けて煮浸し風にしたり、冷奴や冷たい麺のトッピングにしても良さそうですね。

ナスの紫色の元であるナスニンは、ポリフェノールの一種であり、強力な抗酸化作用や、疲労や免疫機能の低下など健康に影響を及ぼす活性酸素を取り除いてくれる作用があると言われてます。またカリウムや食物繊維も豊富なため、むくみや腸内環境の整備にも役立つので、皮ごと食べられるナスは夏の疲れた体や暑さでむくみがちな体に嬉しい食材です。時短になるだけじゃなく、レンジをうまく使うことで栄養素も逃さないレンチン蒸しナスがこれからの季節に活躍しそうです。

プレビュー画像:©︎Twitter/orie13a

出典

[email protected], プレビュー画像:©︎Twitter/orie13a

コメント

おすすめの記事