ブラウン管式テレビ用キャビネットをおままごと用キッチンに改装

古いものを大切に使うことはいいことです。でもこの家族は大きなブラウン管式テレビのためのキャビネットは使い道がなくて悩んでいました。 いろいろ考えた結果子供のための、おままごとキッチンに改装することに決めました。

Imgur/Uptempo

まず最初によく汚れを取り、取っ手や蝶番などを取り外しました。そのあとは塗装がしっかり乗るようにサンドペーパーがけです。

Pinterest

全体にアメリカンダイナーのような綺麗な水色を塗りました。レンジの部分は黒に、冷蔵庫の部分は白に塗りました。

Pinterest

冷蔵庫のドアは元のガラスの扉を木の板に交換します。本物の冷蔵庫のように冷凍庫のドアと冷蔵庫のドアを作りました。

Flickr/tamaiyuya

シンクの部分はボウルを使いました。ボウルをひっくり返して型とし、トレースした線の少し内側を切ってサンドペーパーをかけました。これでボウルがシンクのようにはまります。

Pinterest

蛇口を付ける3センチの穴を開けました。実際に水を流すわけではないので壊れた蛇口で十分です。このキャビネットは裏板がなかったので木の板を当てました。窓枠部分には額縁を使いました。

Pinterest

はじめに取り外した取っ手や蝶番をリサイクルしました。冷蔵庫やオーブンの扉に使えます。オーブンの扉はオリジナルとは違い、上部が手前に開くようになっています。

Flickr/jeffedoe

カーテンはしっかりミシンで縫製されています。取り付けは額縁上部に取り付けた棒です。

Flickr/oskay

欧米風のレンジは電熱式です。色のついたフォームを切り抜いて形にしています。黒い回転式のスイッチはノブを流用し、下にワッシャーを入れて回転するようにしてあります。またオーブンの扉は黒のシートで覗き窓の部分を作りました。

Pinterest

看板を掲げ、黒板にメニューを書いて開店準備ができました!

Pinterest

こんな自分のお店を持てたら子供達はさぞかし喜ぶことでしょう。用無しになったテレビ用キャビネットも、きっと新しい人生を喜んでいます。

コメント

おすすめの記事