【グラス1杯飲みながら運動?】赤ワインの意外な健康効果

ワイン愛好家に朗報です。赤ワインを飲むことで、スポーツをするのに等しい健康効果が得られるとの研究結果がカナダのアルバータ大学の研究所から発表されたのです。そんな美味しい話...本当でしょうか?

Flickr/Martha Jimenez

研究者によると、ポリフェノールの一種であるレスベラトロールという有効成分が、心臓機能や筋肉を刺激し、約1時間分のフィットネス運動に相当する身体能力を上げる効果があるというのです。

Flickr/https://www.flickr.com/photos/combust/1422691300/

障害や疾患などの身体的制約のため集中的な運動ができない人にとって、慢性的な運動不足の解決に導くことに繋がればと同大学研究責任者のジェイソン・ダイクは研究結果を前向きに受け止めています。レスベラトロールの摂取により運動と同等の効果が得られる、または運動中の身体機能をサポートし適度な運動量からもより大きな健康効果が得られるそうです。

Twitter/SCC_CCS_Trainee

さらに研究によると、毎日グラス1杯の赤ワインを飲む習慣のある人は認知症やガンになるリスクが低いとの結果も発表されています。

Flickr/deandare06

もちろん、ワインに含まれるアルコールは人体に有害であるため、赤ワインの飲酒量は控えめであることが大前提です。また、赤ワインだけでなく、ブルーベリーやピーナッツバター、ダークチョコレートなどの他の食べ物からもレスベラトロールを摂取することができます。

Flickr/chocolatereviews

赤ワインで得られる驚きの健康効果。グラス1杯の赤ワインなら、飲酒=体に良くないといった罪悪感を感じることなく、ワインを堪能することができそうですね。もちろん、飲み過ぎは心血管疾患のリスクの上昇につながるため、飲酒量はほどほどに!を忘れてはいけません。

コメント

おすすめの記事