車の鍵は空の缶の中で保管|今すぐできる車の盗難対策

ポケットや鞄に鍵を入れたまま、自動車のドアノブのボタンやセンサーに触れるだけでロックを解除できるスマートキー。さらに、スマートキーさえ携帯していれば運転席のプッシュボタンを押すだけでエンジンをかけることもできるという非常に便利なシステムです。


日常に隠されたトリビア、防犯対策、知って得する健康に関する裏ワザや情報を集めた動画集(記事の続きはスクロールしてご覧ください)

 


現在販売されている自動車の多くに採用されているスマートキーですが、その便利さのスキを突いた犯罪被害が発生していると言われています。

それは、スマートキーシステム搭載車を狙ったリレーアタックという車の盗難被害。

スマートキーと車両本体は、双方の電波を感知する送受信機を備えており、1台ごとに暗号化された固有の電波を識別することで、それぞれのキーを認識しています。スマートキーと車が半径1m以内に近づくと、スマートキーから出る微弱な電波を車両本体の送受信機が認識し、開錠や施錠などの指示に従う仕組みになっています。

また、スマートキーは車の盗難防止システムであるイモビライザーと呼ばれるセキュリティシステムと連動しており、本来は非常に高度な盗難防止機能を備えているものなのです。

<なぜ盗難防止システムを備えたスマートキーが狙われてしまうのか>

先にあげたリレーアタックとは、このスマートキーのシステムを逆手に取った方法。スマートキーから発信される微弱な電波を特殊な受信機を使用して拾い、その受信機を中継点としてさらに自動車へ電波を発信し、スマートキーから指示が来たかのように電波をリレーさせて車のロックを解除してしまうという方法なのです。ロックが解除された車は当然その電波を使ってエンジンを始動させることができ、車が持ち去られてしまうのです。

このリレーアタック、犯人グループの一人が特殊な端末を持ちドライバーに近づき、電波をリレーして解錠するという方法もありますが、自宅の駐車場に停めておいた車が狙われるというケースも多発しています。家の玄関にスマートキーを置いていて、車庫が玄関の前といったケースでは、犯人グループが玄関前から端末を使ってスマートキーの電波を受信することができてしまうため、リレーアタックがしやすい状況なのです。

<リレーアタックによる盗難被害の可能性を減らすには>

リレーアタックはスマートキーが発する微弱電波を利用した盗難方法。このため、盗難を防止には電波を遮断するという方法が有効です。

そこで簡単にできる対策が空き缶を使った方法

電波遮断のための専用ポーチなども販売されていますが、スマートキーの電波の遮断に手軽で最適なのが、お菓子などの空き缶。金属製の間に入れておくことで電波を遮断、リレーアタックの防止を期待することができるのです。

ただ、金属製の缶と言っても材質で電波の遮断効果が大きく変わってきます。お手持ちの缶で電波が遮断できるかどうかを確かめるために、スマートキーを缶に入れたまま、車に近づきロックが解除されるかどうか確認をするようにしてください。また、缶が丁度よく手元にない場合は、アルミホイルでキーを包んでおくと電波の遮断にも役立つそうです。

特に車のキーをいつも玄関に置いていたという方は、玄関に金属製の缶を準備し、そこに保管するようにすることをお勧めします。

その他の対策方法として、スマートキーから出る電波をオフにする設定があります。これはディーラーなどで設定をしてもらう必要があること、また電波がオフとなることでスマートキーのメリットがなくなってしまいます。しかし車種によっては自身で微弱電波が飛ばない「節電モード」の設定が可能なものもあるので、この設定をしたい場合は乗っている車の取り扱い説明書を確認するようにしてください。

またこの他にも、リレーアタックでの車の盗難防止対策として、「リレーアタック対策モード」が搭載された盗難防止装置や、盗難しづらい印象を与えるハンドルロックなどがあります。

スマートキーの機能を狙った卑劣なリレーアタック。それぞれが大切にしている車を盗んでいくなんて許せません。しかし、そのような犯罪を犯す人がいるのも悲しい現実です。金属製の空き缶やアルミホイルを使ったリレーアタック対策は、今すぐできる有効な対策。スマートキーを使用されている方は、ぜひ防犯対策として取り入れてみてください。

プレビュー画像:©︎Twitter/Tiger_Aki1964

コメント

おすすめの記事