ちえとくをフォローする

Lifehacks

住職が言うろうそくの火の消し方「こうではなくて、こうです!」と説明した方法が簡単なのにあっと驚く見事な方法だった

みなさん突然ですが、ろうそくの火はどうやって消していますか?誕生日ケーキに立てられたろうそくのように息をフーッと吹きかけて消したり、または手を扇いで消したり…。

誕生日

最近では安全性を考慮したLEDを使用したキャンドルも増えていますが、趣味でアロマキャンドルを作ったり、またはろうそくが醸し出す優しい灯りとその雰囲気が好みで、本物のろうそくを利用するという人もいると思います。

キャンドル

北海道にあるお寺「真言院」で住職をしているという尼僧のひさこむさん(@hisacom5)がTwitterに投稿したろうそくの火の消し方が話題になっています。

その火の消し方がこちら↓?

「ろうそくを手で扇いで消すときは、『こうではなくて、こうです!』って動画です」と紹介された動画では、ろうそく付近で手を何度も扇っても消えない火に対し、火の近くにそっと片手を添え、もう片方の手で手前下から上の動きに手を払うことで、スッと火が消される様子が紹介されています。

[email protected]

こうすることで勢いよく手で空気を扇いた時に、ろうが飛び散るのを防げるそうです。また、ポイントは手を下から上の方向へ扇ぐことなのだそう。

尼僧のひさこむさん曰く、火消しがあれば、それが一番いいとのこと。しかし、火消しがない場合はこのように片手を添えてスッと消す方法がいいそうです。

この方法にツイ民からも反響が。

あまり知られていなかったろうそくの火の消し方。万が一ろうが飛び散ると掃除は本当に厄介…。仏壇のろうそくはもちろん、キャンドルを使う機会があると言う方は覚えておくと良さそうですね。

プレビュー画像:©︎Twitter/hisacom5