ダイエットしている人は悲しい恋愛映画は観ない方がいいかも。その理由がこちら。

人はできるならハッピーな気分でいたいもの。しかし人はなぜ、自らすすんで悲しい映画を観るのでしょうか?それは一説によると、登場人物に感情移入して泣くことで、ストレスを発散させているのではないかとか言われていますね。 けれど、今日からそんな映画には気をつけてください。特にダイエッターの方、必見!

1

アメリカの最新の研究で、悲しい映画を観ていると、「太る」可能性が高いことが明らかになりました。その研究によると、私たちはコメディなどの楽しい映画を観ているときよりも、悲しい映画を見たときに最大55パーセントも多く食べ物を食べてしまうと言うのです。

1

コーネル大学の研究者たちの実験は、こんなものでした。まず被験者を集め、悲恋の物語である『ある愛の詩』と、ちょっとおバカなコメディ『メラニーは行く!』を観せて、軽食も提供したそうです。

そして導き出された結果は以下のようなものでした。

「映画の上映が終わって観客が涙を拭いた時…ラブストーリーを見ていた人たちは、36%も多くのポップコーンを食べていました」

2番目の実験では、映画館の床とゴミ箱の中からポップコーンの箱を回収し、どの映画で空箱が多かったのか確認しました。するとジョージ・クルーニー主演のミステリアスで感傷的な映画『ソラリス』では、『マイ・ビッグ・ファット・ウェディング』で大爆笑した観客よりも55%多くのポップコーンが食べられていたことも分かったのです。

研究を行なったワンシンク教授は、こう結論を出しました。

「悲しい映画を観ている時は食べ物を消費しがちなので、理想を言えばゼッタイに食べ物を持ち込まないこと。もしくは無意識に食べてしまうことを防ぐため、きちんと食べる分だけをソファに持っていってください」

1

いかがでしたか?『タイタニック』『きみに読む物語』『君の膵臓をたべたい』…今度から、そんな悲しい映画で感傷的な気分に浸る前に、自分への戒めの意味でも、体重計に載ってみることをオススメします。ぜひシェアしてくださいね!

出典

Daily Mail

コメント

おすすめの記事