ちえとくをフォローする

Lifehacks

妻から毎日冷え切ったご飯を食べさせられ続けた しかし数週間後体に起こった変化に笑いが止まらない

「美味しいご飯」と聞くとほとんどの人が、ホッカホカ出来立てのご飯を連想するでしょう。ふっくらと炊き上がったご飯は見ているだけで食欲をそそるもの。

1

しかし実は「冷えたご飯」の方が、ダイエットに適していると知っていましたか?そんな驚きの「レジスタントスターチ式ダイエット」を提唱しているのが、医師の池谷敏郎先生。池谷先生は、テレビや雑誌などのメディアで引っ張りだこの、今を時めく医学博士です。

1

池谷先生によると、ご飯は冷ますことによってレジスタントスターチの量が増え、ダイエットに効果的な食べ物になるとそうです。カロリーは約半分にまで抑えられる上に、満腹感が持続しダイエットの大敵である空腹感を予防することが出来ると言うのです。

しかしそもそも、レジスタントスターチとは、何でしょう?難消化性でんぷんとも呼ばれるレジスタントスターチは、消化されない(レジスタント)でんぷん(スターチ)という意味で、糖質であるにもかかわらず、食物繊維と同じような働きをするでんぷんのこと。

だから、同じご飯でも、冷やすだけでエネルギー吸収量をグッと減らすことが出来るんですね!

(※ 冷えてまま食べることが肝心です。温め直すと、元のカロリーに戻ってしまうので注意)

ダイエットのやり方としては、1日の食事の中で1食を冷やしご飯に変えてみましょう。いきなり3食全てを変えようとすると、長続きしないケースが多いので要注意。

冷やしご飯の作り方としては、自然に冷やすことが何よりも重要。ご飯が炊けたら炊飯器から違う容器に移し替えたり、保温を切っておくことで、自然に冷ましましょう。ちなみに冷凍したご飯は再加熱すると再び高カロリーに戻ってしまうため、常温で自然解凍しないと効果がありません。

いかがでしたか?池谷先生は書籍でさらに詳しくこのダイエットについて解説していますので、興味がある方はぜひこちらで購入してみてはいかがでしょうか。

プレビュー画像:©︎Facebook/Yamafuku Akemi