父親がシニアカーをバービーカーに作り変える

電動スクーターが欲しいと思っている女の子はそうはいないかもしれませんが、この父親が娘のために作ったものを見てみてください。 彼は娘のためにこのシニアカーをバービー気分が味わえるピンクの乗り物に変身させたのです。

彼はイーベイで電動シニアカーを50ドル(約5千円)で購入することから始めました。

evilosis

ジープの設計図を参考にこの改造のアイディアを固めていきました。

evilosis

まずスクーターをパーツごとに分解しなければなりませんでした。

evilosis

そこに基礎となる木製のフレームを作りました。

evilosis

そして低い位置に新しい座席を取り付けました。

evilosis

元のハンドル回りを分解し、新しいものを作りました。

evilosis

廃品置場からBMWのハンドルを持ってきて、軸に取り付けました。

evilosis

元々の操作盤はほぼそのままにしましたが、手動のハンドブレーキを加えました。

evilosis

それからモーター部分を保護するカバーも作りました。

evilosis

全体を娘の大好きなピンクに塗りました。きっと彼の娘は思わず歌い出したくなるに違いありません。

evilosis

この新しいバービーカーに乗ったら小さな子はみんな歌姫になった気分になるでしょうね。それにしてもこれが元々はシニア向けのスクーターだったなんて信じられません!

出典

viralnova

コメント

おすすめの記事