信じる?信じない?世界の迷信12選

「茶柱が立つといいことがある」「夜に爪を切ると親の死に目に会えない」など、日本にも色々な迷信があります。 科学的な根拠はない、というのはわかっていても、茶柱が立つとなんだか嬉しくなったり、夜は爪を切るのをやめたりしてしまいます。また、日本では4は「死」、9は「苦」を連想させるため、不吉な数字と考えられていますよね

実は、世界にも「しゃっくりが出たら、誰かがあなたのことを考えている」「恋愛中のシェフのスープは塩辛いので飲んではいけない」など面白い迷信がたくさんあります。

ここでは、世界12カ国から12の迷信をご紹介します。

1. アルバニア

「掃除中にほうきで足を触ると人が死ぬ」

2. イタリア

イタリア南部では、​試験や試合の前の験担ぎに頭やポケットや靴に塩をふりかけます。

Salz auf den Kopf streuen

3. ロシア

「食事中にテーブルからナイフが落ちたら男性が訪ねてくる。​フォークやスプーンが床に落ちたら女性が訪ねてくる」

Pixabay/MarkMartins

5. 中国

中国では、「時計」をプレゼントしてはいけません。「時計を贈る」という意味の「送钟」(ソンジョン)という言葉は、「死者を弔う」という意味の「送终」(ソンジョン)と発音が同じだからです。

Thay dây nhìn em lại ngon lành ngay. Em đã theo ta 7 năm rồi còn gì. (:

6. ペルー

ペルーでは夕方に塩を買うのは難しいかもしれません。​信心深い店主たちは、夕方に塩を売ると事業が傾くという迷信を信じているのです。​

Abends Salz kaufen in Peru

7. 韓国

「扇風機をつけたまま寝ると死ぬ」

Ventilator

8. オランダ

「食事中に歌うと悪魔がやってくる」

dinnertable

9. スペイン

「​大晦日の夜、午前0時に12回鳴る鐘の音と共に12粒のぶどうを食べると幸運になれる」

12 Trauben in Spanien

10. イスラエル

「​くしゃみをすると魂が抜けるので、左耳をひっぱらなければならない」

Am linken Ohr ziehen wenn man niest

11. ベトナム

「家の中で帽子をかぶると成長が止まる」

12. ポーランド

「妊婦が火の中をずっとのぞいていると、赤毛の赤ちゃんが生まれる」

Rothaarige Babys in Polen

迷信にもお国柄がありますね。海外の友人と話すときに、その国の迷信を聞いてみたり、逆に日本の迷信を教えてあげるのも楽しいかもしれませんね。

プレビュー画像: ©Facebook/Planete Gardiens ©Pinterest/winkgo.com

コメント

おすすめの記事