洗濯用液体洗剤と粉末洗剤、どちらを使うべき?

スーパーやドラッグストアの洗濯用洗剤コーナーにはさまざまな製品が並んでおり、どれを選べばいいか迷ってしまいます。 特に「液体と粉末どちらを使えばいいの?」という疑問を持ったことがある人は多いはず。

どちらのタイプの洗剤にもメリットとデメリットがあります。この記事では、液体洗剤と粉末洗剤のメリットとデメリットを比較していますので、適切な製品を選ぶのにお役立てください。

液体洗剤と粉末洗剤、それぞれの特徴

  • 液体洗剤

液体洗剤は、汚れ落ちがおだやかで、洗濯物のダメージが少ないのが特徴。おしゃれ着やウールの衣類などは、中性の液体洗剤がおすすめです。

また、液体洗剤は水に溶けやすく、洗濯物に洗剤が残りません。寒い時期でも溶け残りの心配がなく、安心です。また洗浄力がマイルドで、色落ちしにくいため、濃い色の洗濯物に向いています。洗浄力はマイルドですが、頑固な汚れには液体洗剤を直接つければ、洗浄効果はアップします。

しかし、液体洗剤には保存剤が入っているため、環境を汚染するだけでなく、アレルギー体質の人や肌の弱い人にとって問題となる可能性があります。

Hand pours liquid detergent into the washing machine

  • 粉末洗剤

粉末洗剤は、アルカリ性で洗浄力が高いのが特徴。汚れがひどい場合は粉末洗剤がオススメです。

また、粉末洗剤は、ワイシャツなどの白物の洗濯に適しています。汗や皮脂といった汚れに高い洗浄力を発揮し、汗の匂いなどにも効果的です。

ただし、水に溶けにくく、洗剤が残りやすいので、使用量を守って使いすぎない、寒い時期はお湯を使うなどの工夫が必要です。特に濃い色の洗濯物では、溶け残りが白くが目立ってしまうので注意が必要です。

A woman pours detergent into the washing machine

価格

価格の面では、液体洗剤と粉洗剤はそれぞれのメーカーから出ているので、価格にそれほど違いはありませんが、1回の使用料が少ない粉末洗剤の方がコスパはいいようです。

©Pixabay/habelfrank

環境負荷

液体洗剤はプラ容器に入っているため、使い終わると必ずプラごみが出ます。一方、粉末洗剤は紙パッケージ。パッケージについては粉末洗剤の方が環境に優しいと言えるでしょう。

洗剤の成分に関しても、環境保護の観点からは粉末洗剤に軍配が上がります。液体洗剤には、粉末洗剤よりも多くの界面活性剤が含まれています。界面活性剤とは、油と水を混ぜ合わせるための化学物質で、環境負荷が大きいと批判されています。

Washing Machine Details

結論

粉末洗剤と液体洗剤は、その特徴やメリット・デメリットを理解したうえで、適材適所で使い分けるのがベストでしょう。デリケートな素材の衣類や、汚れがひどくない色柄物の洗濯には、液体洗剤がオススメです。一方、粉末洗剤は洗浄力が高く、環境に優しいので、普段使いにオススメです。

あるいは、汗や皮脂汚れの多い夏場は粉末、水が冷たくなる冬場は液体、と使い分けるのもいいでしょう。

©MediaPartisans

適材適所で洗剤を使い分け、洗濯上手になりたいですね!

 

プレビュー画像: ©flickr/Dejan Krsmanovic

出典

 hauswirtschaft, frosch

プレビュー画像: ©flickr/Dejan Krsmanovic

コメント

おすすめの記事