洗濯用洗剤で家中キレイに!

台所用、洗濯用、トイレ用、洗車用…今は目的や場所に合わせたさまざまな洗剤が売られています。 でも、洗濯用の粉末洗剤を上手に使えば、家中のほとんどの汚れに対応することができるんです。汚れたグリル、ソファのシミなど、洗濯用洗剤で落とすことができる家の中の汚れをご紹介します。

Leonie fährt im Bad

1. グリルの網

すぐに汚れてしまうグリルの網も、洗剤を使って簡単にピカピカにすることができます。洗剤を入れた水に数時間浸して、こするだけ。詳細な手順については、こちらの動画をご覧ください。

Pin1

2. トイレ

トイレ掃除にも洗濯用洗剤が使えます。頑固な黄ばみ(尿石)を落とすには、大さじ2〜3の洗剤を便器に加え、15分間そのままにしてください。15分経ったら、ブラシでこすり、すすぎます。洗剤の成分でプラスチックパイプが痛む可能性があるので、一晩中粉を入れておくのはお勧めしません。

bathroom

3. タイルと目地

洗濯用洗剤はタイルや目地の汚れや黄ばみにも最適です。汚れた場所に少量の粉末洗剤をつけ、濡れたスポンジでこすります。目地は、歯ブラシを使えば楽に汚れが落とせます。

Before and After grout

4. じゅうたん

カーペットのクリーニングは高いので、自分できれいにできればいいですよね。汚れの程度に応じて、洗濯用洗剤をカーペットにふりかけ、ぬるま湯をつけたスポンジやブラシで汚れを落とします。最後に水拭きと乾拭きをしてください。

Charlotte Carpet Cleaning - CitruSolution - 704-677-5903

5. ソファ

カーペットだけでなく、他の布製品にも洗濯用洗剤が使えます。例えば、ソファの汚れ。洗剤だけでは物足りない場合は、洗剤に重曹と酢を混ぜでもいいでしょう。

重曹小さじ1と酢カップ1/3を混ぜ、洗濯洗剤を加えてお湯を注いでペースト状にします。このペーストでソファの汚れをこすり、しばらくおいて乾かします。さらにソファ全体に重曹を撒いて、数時間経ったら掃除機で吸い込みます。これで汚れも匂いもすっきり落ちます。

Stained Couch

6. 靴

洗濯機で洗って靴が傷むのが心配なら、スポンジや歯ブラシに洗剤と水を混ぜたペーストをつけて汚れを落としましょう。

Time for cleaning

7. 匂い袋(フレグランスバッグ)

洗剤を小さな袋に入れてクローゼットに入れておけば、世界で最もシンプルなフレグランスバッグがあっという間にできますよ。

lavender sachet

8. 掃除機のにおいとり

掃除機のなかでカビが繁殖すると、掃除をするときに不快な臭いが広がることがあります。こんなときは、大さじ2〜3杯の洗剤を床にふりかけ、掃除機をかけてみてください。

GOSS Vacuum Cleaner

10. 自転車用オイル

洗濯用洗剤を使うときは、通常は、洗浄成分で肌が乾燥するので、手が直接洗剤に触れないようにします。でも、手に自転車用のオイルがついてしまったら洗剤で手を洗ってみてください。すっきり落ちます。ただし、後からクリームなどで保湿するのを忘れずに!

Tuning Up

いかがでしたか?洗濯用洗剤があれば、家の中のほとんどの汚れを落とすことができます。ただし、使用する際は洗剤の量を控えめにして、なるべく目立たない部分に使いましょう。また、手袋をして肌を保護してください。

またこちらの記事では、洗剤を使わずに身近にあるもので掃除する技をご紹介しています。

プレビュー画像:©︎Pinterest/Donna Ramirez,©︎flickr/Dennis Hlynsky

コメント

おすすめの記事