節約生活のススメ|日常生活のなかでお金を貯める13のコツ

お金がなかなか貯まらない?もしかしてカフェに寄ってコーヒーを飲んだり、コンビニで飲み物やお菓子を買うことが日課になっていませんか?この記事では、日常生活でお金を貯める13のヒントをご紹介しています。 普段のお金の使い方や生活習慣を見直せば、最小限の努力だけで、無理なく家計を改善できますよ。

1. 水を買わない

水やお茶を水筒やマイボトルに入れて持ち歩きましょう。お金の節約になるだけでなく、ゴミ削減にもつながります。

Recycling

2. 美容院は必要最小限に

ヘアスタイルを大きく変えたい時以外は美容院に行かずにすませましょう。髪を整えたいときや染めたいときは、自分でするか、友人や家族に手伝ってもらえばいいのです。

haircut

3. 自宅をエステやネイルサロンに

フェイシャルケアやマニキュア、ネイルなどもプロに任せる必要はありません。自宅でくつろぎながら、お肌や爪のお手入れをしてみましょう。

Facial.

4. 戸棚をすっきりさせてから買い物へ

週末に買い物に出かける前に冷蔵庫の中身をチェックして、足りないものをリストアップするのももちろん無駄な買い物をしないコツです。でも缶詰やパスタなどの乾物、小麦粉や天ぷら粉などの粉物が入っている戸棚はチェックしていますか?この戸棚の中の乾物や粉物を食べきってから、買い物に出かけると食品ロスを減らし、お金も節約できます。

節約

5. 加工食品を買わない

カット野菜などの加工された食品は時間や手間の節約にはなっても、お金の節約にはなりません。生鮮品を買った方がお得です。

Fruit & Veg City, Okavango Road, Cape Town

6. 男性用化粧品を買う

男性用の化粧品は、女性用よりもかなり安いことがあります。例えば、シェービングクリームは女性用の方がずっと高い価格設定になっています。男性用化粧品の香りが嫌な人もいるかもしれませんが、シェービングクリームなどは男性用のものを取っても誰も気づかないでしょう。

Balea Rasiergel Sweet Mandarin

7. (ファーストフードで)外食しない

お金を貯めるために外食はしないという人もいるかもしれません。しかし、たまに良い店に美味しいものを食べにいくことはそれほど問題ではありません。問題なのは、ファーストフード店やピザのデリバリーなどでお金を使ってしまうことです。

Mc Donald's

8. コーヒーのテイクアウトはしない

通勤途中やショッピング中についカフェに立ち寄って、コーヒーをテイクアウトしていませんか?でも、お金のことを考えると、コーヒー代はバカになりません。その場でコーヒーを買う必要はないと心に留めることで、この習慣をやめることができます。コーヒーなしで数時間過ごしたからといって、のどが渇いたり、疲れて倒れたりする人はいないのですから。

自宅やオフィスでコーヒーを淹れるのを待つか、コーヒーなしでは我慢できないならマイボトルにコーヒーを入れて持ち歩きましょう。

Combo ganador

9. 衝動買いはしない

食品や洋服など買い物に行くと、いつのまにか予定外のものまで買っていませんか?店には客を誘惑する仕掛けがいっぱいあり、つい無駄遣いしてしまいます。衝動買いを防ぐ最善の方法は、常に買い物リストを持って買い物に行くことです。この記事では、スーパーマーケットの買わせる仕組み戦略をまとめています。

Shop

10. 分割払いを一括払いに

たとえば保険などは月払いではなく一括の年払いにすることで保険料を節約できます。

Calculator

11. オンラインショッピングの回数を減らす

オンラインショッピングは浪費家にとって危険な罠です。どうしてもオンラインショッピングをやめられないなら、何か達成できたときのご褒美として毎月の始めにアマゾンでの購入回数を決めるのもいいかもしれません。

online shops

12. 将来設計を立てる

衝動買いをした後で後悔したくないのであれば、将来の計画を立てる、または自分の優先順位をはっきりさせることが大切です。将来の休暇などの出費を頭に入れておけば、余計な出費を控えることができます。

Travel

13. 小銭貯金

日常生活でお金を貯める効果的で無理のない方法として、例えば100円や500円などの小銭を定期的に貯金していきましょう。

Change

いかがでしょうか。お金を貯めるために、チラシをみて安い店を探したりする必要はありません。もっと大切なのは、買い物に対する態度を考え直すことです。

何かを買おうとするときは、本当にその製品が必要なのか、あるいは衝動的に誘惑されているだけなのかを見極めることが重要です。自分へのご褒美が無駄遣いになっている場合は、浪費以外のご褒美を考えましょう。身近な無駄を省いた生活は、お金の節約に、そして環境にも優しい生活にもなりますね。

コメント

おすすめの記事