シャワー中にシェービングをすると、肌に負担がかかってしまう。

剃っても剃っても生えてくる、厄介なムダ毛。皆さんはどのように処理していますか?ムダ毛処理が日々のスケジュールに組み込まれている人はそうはいないでしょう。 やりがちなのが、ムダ毛が気になった時に、パッとお風呂で剃ってしまうというもの。確かにお風呂場であれば、除毛の後の処理がしやすいですし、時間も無駄にはなりません。しかしちょっと待って、それって本当に正しい習慣でしょうか?

1

実はシャワー中にムダ毛を剃る行為、思っているよりも危険かもしれません。それにはいくつかの理由が挙げられます。

お風呂場は雑菌が繁殖しやすい

当然のことながら、高温多湿な空間であるお風呂場は、雑菌やカビの温床です。カミソリでのムダ毛の処理は、少なからず肌を傷つけており、そこから雑菌が入ってしまうと、炎症や化膿の原因になってしまいます。

濡れた状態で剃ることになる

肌が濡れた状態でのシェービングは、角質を余分に削ってしまうことになり、肌に大きな負担がかかります。結果として、肌荒れを招いてしまうことに。

1

ボディソープを使いがちになる

ボディーソープをシェービングクリーム代わりに除毛…そんな人もいるのではないでしょうか。当然ながら、除毛を目的として作られていないボディソープの肌の保護能力はシェービングクリームに圧倒的に劣ります。横着せずに、ちゃんと除毛目的で作られたシェービングクリームをつけることが重要です。

1

いかがでしたか?シェービングは清潔な部屋で新しいカミソリできちんとしたシェービングクリームをつけて行うのが理想です。面倒臭い!なんて言わないで。美は、横着しない人のところにやってくるのですから。

コメント

おすすめの記事