スキニージーンズを履き続けることは危険。専門家が指摘する問題はこれ。

スキニージーンズってとってもおしゃれですよね。イギリス王室のキャサリン妃がしばしば着用していたことで、ますます世界での人気に火がついたこのスキニースタイル。 履きこなし颯爽と街を歩いている人を見るとついつい目を奪われてしまいます。しかし専門家は、このおしゃれなジーンズに警鐘を鳴らしていると言います。一体どうしてなのでしょうか?

1

スキニージーンズを履いていると、まるで自分の足がシュッと引き締まったかのように感じるでしょう。しかしそれはまったくの幻想だと専門家は指摘します。スキニータイプのパンツは胃やお尻、膝や足首などを長時間締めつけてしまうため、本来それぞれの筋肉がなすべき働きを阻止してしまうと言います。結果として、働く必要がなくなった筋肉は常にリラックスした状態になり、締まりのない下半身になって太りやすくなってしまうと言うのです。

1

さらに危惧すべきはこれだけではありません。スキニージーンズを長時間履き続けると、ジーンズが血行を阻害し、神経が圧迫されるため、循環不全で壊死や神経麻痺をおこす「コンパートメント症候群」を発症する可能性があります。

実際、オーストラリアの35歳の女性はスキニージーンズを履いたまま長時間しゃがみ込んでいたことが原因で、足の感覚がなくなり転倒、病院に運び込まれて足の感覚を取り戻すまで4日を要したと言います。専門家はこれらの観点から、スキニージーンズには黄色信号を出しているのです。

1

いかがでしたか?もちろん、スキニージーンズで適度におしゃれを楽しむ分にはなんの問題もありません。しかしこういった危険性が潜んでいるということは常に意識して、家ではゆったりしたものを着るなど体を気遣っていきましょう。

コメント

おすすめの記事