例え寒い夜でも、これから裸で寝るべき理由がある。服を着込むのは、とても健康に悪い。

健康にとって、十分な睡眠時間を取ることは非常に重要です。適切な睡眠を欠いてしまうと、例えば糖尿病や心臓病、がんといった病気の遠因ともなることもあります。 さらに、量だけでなくその質もまた大切な要素です。

寝ている間に十分リラックスするためには、服を着ずに「裸で寝る」のが最適な睡眠方法のだと主張する意見が多いということをご存知ですか?今回は、裸で眠るべき5つの理由をご紹介します。

1. 体温調節

一般的に、人間の身体は睡眠時に体温が下がります。厚手の服や温かいパジャマなどを着てしまうと、身体の自然な反応を阻害してしまう危険性があるのです。体温が高い状態では、睡眠中もなかなか身体が休まらず、目覚めたときに、なんだか寝足りないというような感覚を招いてしまうことになります。裸でベッドに入ることは、体温が上がりすぎるのを抑えてくれます。

2. 睡眠ホルモンの分泌

安眠時には、メラトニンと呼ばれる睡眠ホルモンがバランスよく分泌されます。裸になり、体温が正常に低下する環境で眠ることで、このホルモンの過剰な分泌が制御されるのだそうです。メラトニンの分泌は、周囲の明るさや部屋の温度などにも左右されます。完全に暗くした室内で、かつ21度を超えない程度の室温で寝ることが理想とされています。

3. 人間関係の強化

裸で寝ることで、恋人との関係性にも良い効果があるそうです。異性が一糸まとわぬ姿で隣に寝ていることを意識すると、愛情ホルモンとも呼ばれるオキシトシンが分泌されます。このホルモンは幸福感にも関係のある物質で、睡眠にも良い効果を与えてくれます。もちろん直接触れ合うことで2人の関係性も深くなっていくことも間違いないでしょう。

3. ストレスホルモンの抑制

「ストレスホルモン」として知られるコルチゾールの分泌は、体内の代謝プロセスと密接に関係しています。布団の中の温度が上がりすぎてしまうと、このコルチゾールの生成が活性化され、コルチゾールの分泌レベルが高まると、食欲の増加による体重過多や不安感、緊張などといった症状をもたらします。裸で眠て睡眠時の体温を抑えることで、コルチゾールの分泌量を減らすことも可能になるというわけです。

4. 血流の促進、不眠の解消

何も着ないで眠りにつくと、血流を邪魔する締め付けや圧迫感が少なくなるため、循環器系にもプラスの効果があり、安眠を促します。睡眠障害などに悩んでいる人は、ぜひ一度裸で寝てみることをお勧めします。

全裸で眠ってみませんか?普段とは違う感覚に慣れるまでちょっと時間がかかるかもしれませんが、身体のことを考えればきっと後で「やってよかった!」と思えるようになるはずです!

コメント

おすすめの記事