iPhoneの背面、カメラの横に付いてる小さな穴はマイク?その機能に驚いた。

iPhoneを使っている人はもしかするとその存在に気が付いているかも知れません。背面のカメラの横についている、小さな穴。

Pixabay/hurk

アップルは多くのユーザーにこの小さな穴の正体を明かしてきませんでした。巷では、動画を撮る際の音声録音用のマイクだと言われていますが、実はそれ以外にも重要な機能があることをご存知ですか?

実はiPhoneには全部で3つのマイクがついており、この穴はその中の1つです。でも、一体どうして3つもマイクが必要なのでしょう?

複数のマイクを持つことで、異なる方向から来る複数の音声を拾うことができます。つまり、話している人がいる位置に関係なく、音声を拾うことができるのです。内部プロセッサは、音声データを分析し、明確で鮮明な音声へ変えます。このときに、不要なバックグラウンドのノイズが除去されるのです。

このカメラレンズの横にあるバックマイクは、Siriが会話を認識するのを助け、FaceTimeの機能を向上させ、2人以上の会話を認識することにも役立つんだとか。この穴があるおかげで、音声認識の精度がさらに高まっているんですね。

1

いかがでしたか?こうしたプロダクトには、私たちのあまり気づかないところで、さまざまな意匠が凝らされているのですね!

コメント

おすすめの記事