【ドイツ料理のいいとこ取り】カスラーのパン包み

世界にはとんでもない量の肉を食べる国があります。中でもビジュアル的にガツンと来るのがドイツ料理。その代表がカスラーと言う調味した塩水に漬けた豚肉(主にロースの塊)を軽く燻製した肉の塊です。これをまたドイツ料理の代表格であるザワークラウトとポテトピューレで包んで焼いたのがカスラーのパン包み。日本ではちょっと無理な場合が多いので、その場合は少し似たホットドッグの編みパイで我慢しましょう。

1. カスラーのパン包み

材料:

  • カスラー 800 g
  • 生ハム 150 g
  • パイ生地 1枚
  • マスタード
  • 卵 1個

ザワークラウト:

  • バター 大さじ1
  • ザワークラウト 400 g
  • スープストック 100 ml
  • 胡椒 4粒
  • ローリエ 2枚
  • 胡椒

ピューレ:

  • じゃがいも 400 g
  • パルメザンチーズ 50 g
  • バター 60 g
  • にんにく 1片
  • ナツメグ 適量
  • 生クリーム 30 ml
  • 胡椒

作り方:

  1. バターをなべて溶かし、ザワークラウトを入れて軽く炒めます。そこにスープストック、胡椒の粒、ローリエ、塩胡椒を入れて水分が飛ぶまで煮込みます。粗熱を取ります。
  2. 皮を向いたじゃがいもを茹で、ピューレの材料全部をボウルに入れて潰して混ぜます。粗熱を取ります。
  3. 広い作業台にパイ生地を広げ、その真ん中にハムを敷き詰めます。カスラーを巻く余裕があるように左右はスペースを開けておきます。その上にザワークラウトとピューレを載せます。
  4. カスラーを油で炒めマスタードを塗って生地の上に載せます。生地で巻き、左右の生地を閉じます。
  5. 生地の表面に溶いた卵を塗り、200度のオーブン(コンベックモード)で20分焼いて出来上がりです。

2. ホットドッグの編みパイ

レシピはこちらをどうぞ。

大きなパーティーの目玉としていかがですか!?

コメント

おすすめの記事