【ドロドロ化から石鹸を守る】スポンジくり抜いて作る超簡単DIYの効果が抜群!石けんが断然長持ちする。

お風呂場のソープディッシュの上で、ドロドロになった使いかけ固形石鹸の処分に困った経験がある人も多いのでは。 お気に入りの石鹸が、触るのもちょっとためらってしまうぐちゃっとした塊になってしまうのは悲しいものです。そんなお風呂場の悩みをスッキリ解決してくれるスポンジDIYをご紹介します!

必要なもの:

  • スポンジ
  • カッター
  • お好みの固形石鹸
  • ハサミ
  • 鉛筆

作り方:

Youtube

まず紙の上にスポンジの形をトレースします。

Youtube

スポンジの形に紙を切ります。この場合大きなスポンジを使っているので、スポンジ型をさらに半分に切ります。

Youtube

スポンジを石鹸に合わせて楕円形に切り出せるよう、トレースした紙でスポンジに楕円形の線を描きます。

Youtube

線に沿ってカッターで切り出します。

Youtube

ハサミで形を整え、きれいな楕円形にします。形が整ったら、石鹸をスポンジの上に置いて、形をトレースします。

Youtube

スポンジの中に石鹸が収まるよう、トレースした線の内側を深さ2センチほど切り出します。

Youtube

スポンジの内側をきれいにならしたら、固形石鹸を置いてできあがりです!

Youtube

こちらの動画でも作り方を紹介しています(英語のみ):

このスポンジソープディッシュなら、洗面台をさっとそうじするのにも使えて便利です。固形石鹸を最後まで無駄なくきれいに使えてお風呂場もスッキリ!ぜひ試してみてください。

コメント

おすすめの記事