92歳のおばあちゃんが実践|思いやりがこもった挨拶の言葉

帰省した時や忙しくてなかなか会えなかった友人と久しぶりに顔を合わせた時、まず一番に出るのが「久しぶり、元気にしてた?」と言う言葉。


クリエイティブな気分が盛り上がる動画はこちらから!(記事の続きはスクロールしてご覧ください)

 


「元気にしてた?」と相手の近況を伺うための普段使う何気ないこの言葉。しかし、ツイッターユーザーで漫画家の青色イリコさん( @iro_iro_man)の92歳になる祖母は、友人にあった時にちょっと違う言葉をかけるそう。

一体どんな言葉なのでしょうか。それがこちら。

「祖母(92歳女子)、たまに会う人に「お元気?」って聞かれてもこの年で元気な日なんかほとんどないよって思うので自分は「お変わりない?」って聞くようにしたらしい。正しい」

高齢の青色イリコさんの祖母。年を重ねるといろいろな病気や身体の不調も出てくることから、相手がつい「元気!」とつられて答えてしまうような聞き方ではなく、近況を話やすいように「お変わりない?」と声かけしているのだそうです。自分が聞かれた立場だったら、と考えると、「変わりないですか?」と聞かれた方が、答える方も素直に自分の近況について話すことができそうです。

孫である青色イリコさんが「90過ぎてなお感性がトガってて好き」と言うこの祖母の言葉には、世代を超えて多くの人が共感しました。

孫である青色イリコさんが92歳女子と表現するくらい、おばあさんはきっと素敵な女性なのでしょうね。小さなことにも心遣いを忘れない、そんな美しい歳の重ね方をしていきたいものです。


プレビュー画像:©︎Pinterest/Home Care Assistance

コメント

おすすめの記事