洗濯物は色だけでなく、素材別に仕分けすると長持ちする

服を気持ち良く切るには洗濯って大切ですよね?特に色の仕分けが大切なことは、多くの人が知っているはず。 でも色で仕分けするだけでなく、生地の種類によって仕分けすれば、大切な衣類を長く良い状態で着続けることができるのです。

綿や麻、シルクは毛玉になりにくい素材として有名です。また、ウール、カシミヤ、アンゴラなど動物性繊維は毛玉ができても自然に落ちて、毛玉が定着しないことで知られます。しかし、アクリル100%のものや、アクリル・ポリエステル混合のもの、それからアクリルと綿やアクリルとウールの服は毛玉が出やすいため、毛玉防止のためにほかの素材の服とは分けて洗うことが肝心です。

いかがでしたか?これで服に優しい洗濯ができますね。もし友人や家族に服を素材別に仕分けすることの大切さを知らない人がいたら、この記事をシェアしてあげましょう。

コメント

おすすめの記事