ちえとくをフォローする

Lifehacks

「また素麺?」なんてもう言わせない!いつもの素麺がグッと見違えるヒンヤリ素麺レシピ

夏本場、あまりの暑さに食欲も失せがちなこの時期の定番メニューの一つといえば、そう素麺です。ひんやり冷たくてサッパリ&のどごしも良く、夏バテ気味でもスルスル食べれる上に、調理も簡単とあって夏の食卓の優秀メニューとして頼りにしている人も多いのではないでしょうか。

とはいえ、いくら便利で食べやすいからといって素麺ばかりでは飽きてしまうのが人間というものです。素麺の登場回数が多過ぎて「また素麺?!」と家族にウンザリされてしまった…なんてこともありがちです。

そこで今回は素麺の冷たさはそのままに、ちょっと一手間加えるだけで、いつもの素麺がググっと見違えるアレンジレシピを紹介します。

それがこちらの「素麺いなり」。酢飯の代わりに素麺を丸めて詰めるだけのお手軽レシピです。

基本の材料は味付けいなりと素麺。普段いなり寿司を作る手順で、味付けした油揚げに茹でて冷水で冷ました素麺を適量詰めるだけ。市販の味付けいなりを使えば、さらにお手軽な時短レシピとなります。

材料(いなり10個分)
  • そうめん 2束(100グラム)
  • 味付けいなり 10枚

 

作り方:
① 沸騰したお湯に素麺を入れて指定時間、茹でます。茹で上がったら、ざるにあげて流水で冷まし、十分に水を切ります。
② ①の素麺を味付けいなりに適量詰めていきます。
 
※ 麺つゆと薬味と一緒にシンプルにいただくのも十分美味しいですが、錦糸卵やエビなど、お好みの具材を上に乗せれば、夏のおもてなしにもぴったりなごちそう感あふれる一品に。夏野菜を添えれば栄養バランスもよく、ミネラルやビタミン摂取効果も期待できます。
 
 ↓こちらは錦糸卵にオクラ、ミニトマト、大葉、ちぎり梅干しをトッピング。色鮮やかな夏野菜が食欲をそそります。
 

↓こちらはキムチ&ツナマヨアレンジ。お酒のおつまみにも良さげですね。

↓こちらは手延半田めんさん公式サイトより、錦糸卵とカニカマ、きゅうりアレンジ

↓こちらは素麺にごま油をからめ、ふりかけを少々トッピング

お馴染みの素麺がちょっとした御馳走に変身!簡単な割に、手が込んでいるように見えるお手軽時短アレンジ。これならトッピングを好みでアレンジしつつ、飽きずに楽しめそうですね。いつもの素麺に飽きたら是非、お試しください。

プレビュー画像: ©️twitter.com/人間@______myao