ふわふわラズベリーケーキ、きっとお気に入りのレシピになる!

ブッシュ・ド・ノエル、切り株ケーキというとクリスマスを連想しますが、最近ではウェディングケーキとしても人気が出ています。 ヨーロッパでは誕生日ケーキとしてもポピュラーです。年輪を年齢に例えてお祝いするそうです。おばあちゃんのお誕生日となるとちょっと作るのに気合が入りそうですが、基本の作り方はスポンジ生地をくるくる巻いていくだけでとても簡単。ホームパーティやお祝いの席に手作り持って行ったらとても喜ばれそうですね。

材料:

スポンジ生地:

  • 小麦粉 180 g
  • 卵黄 4個分
  • 砂糖 200 g
  • バニラ 小さじ1
  • 塩 小さじ1/2
  • ベーキングパウダー 小さじ1 TL
  • 油  100 g
  • 水  60 ml
  • 卵白 6個分

クリーム:

  • 生クリーム 600 g
  • 純ココア 30 g
  • 粉砂糖 90 g
  • アーモンドチップ
  • ラズベリー(生のもの)
  • 削りチョコ

作り方:

  1. 卵白以外のスポンジ生地用材料を全て大きめのボウルに入れ、ハンドミキサーで滑らかになるまで混ぜます。別のボウルで卵白をツノが立つまで泡だて、記事た加えます。ベーキングシートをひいた天板に伸ばし、予熱で160℃に温めたオーブンで18分間焼きます(コンベックモード)。
  2. クリームを作ります。生クリームを泡だてたら、ハンドミキサーで混ぜながら純ココア、粉砂糖を加えます。
  3. オーブンからスポンジケーキを取り出したら、冷まします。粗熱が取れたら、うえにクリームを伸ばします。あとでケーキの側面に分は、取り分けておきましょう。アーモンドチップとラズベリーをのせます。ラズベリーは軽く指で押しつけておくと、生地が巻きやすくなります。
  4. スポンジケーキを5等分に切り帯状にします。まずは生地1切れを巻いて、大きめの皿の中央に置きます。強く巻きぎるとクリームがはみ出てしまうので注意してください。巻き終わりから続けて1切れずつ巻いていきます。切り株のような形になるはずです。
  5. スポンジケーキを全部巻いたら、残りのクリームを周りに塗っていきます。木肌のような風合いを出すには、パレットナイフを前後に細かく動かしながら塗るとうまくいきます。仕上げにアーモンドチップ、ラズベリー、削りチョコを散らし、トッピングでケーキとお皿の境目を埋めたら出来上がりです。

ふわふわのスポンジ生地にラズベリーの甘酸っぱさとココアのビターさがマッチして一口で幸せな気分に。特別な日にぜひ作ってみてください!

コメント

おすすめの記事