ホチキス針の箱裏の文章から衝撃の事実が発覚「人生50時間くらい損したことに気づいた」|話題のツイート

わたしたちが毎日生活する中で使用頻度の高い文房具のひとつ、ホッチキス(ステープラー)。 そんなホッチキスの針を交換しようと、針の入ったパッケージを手にとった佐藤彩(@kimimachi1977)さんは、箱の裏面に書いてある文を読んで衝撃を受けました。その一文がこちらです。

Twitter/kimimachi1977

「ホッチキス針は古紙の再生紙工程で支障ありません」つまりリサイクルのためにわざわざ外していた手間のかかる作業は、ムダだったということ!?ガッカリした彩さんは発見した当時を振り返って「人生50時間くらい損したことに気づいた」とコメントしています。

でも、再生紙を作る過程でホッチキスの針は本当に妨げにならないのでしょうか?この質問にTwitterユーザーのゆーきー(@yookie_cometbus)さんが応えてくれました。ゆーきーさん曰く「ホッチキスの針は磁力と地球の引力により除去される」そうで、リサイクル用紙回収業者によれば、ホッチキスの針が紙についているのを想定して取り除く設備があるため、紙に針が付いていても支障はないそうです。

彩さんのこの衝撃的な投稿はTwitterで拡散され、「いいね」の件数はすでに3万9千件に登り、6万件以上もリツイートされて話題を呼んでいます。さらにこの投稿には「今まさに外して処分しなければならないと思っていた書類がたくさんあるので、「この情報は助かる」、「頑張って外してたのに!」といったコメントが多数寄せられています。

 

まさか、針のパッケージの裏にこんなに重要なメッセージが隠されていたなんて…。それにしても紙についたホッチキスの針を取り除く技術まで確立されているとは、世界に冠たる技術大国・日本の力を侮っていました。

プレビュー画像:©︎Twitter/kimimachi1977

出典

corobzz

プレビュー画像:©︎Twitter/kimimachi1977

コメント

おすすめの記事