新感覚|スイカをおいしく食べる方法

暑い夏に食べたい定番と言えば、水分たっぷりのみずみずしいスイカ。汗をたくさんかく夏は、スイカは熱中症予防疲労回復効果があるとされています。

スイカ

そんなスイカですが、なんとJA全農広報部の公式Twitterで驚きの食べ方が紹介されていたのです。

それがこちら🍉

なんでも、スイカにレモンを絞って食べるとトロピカルな味になるのだとか。レモンの酸味が加わってスイカの甘さを引き立つのだそう。

[email protected]_food

しかし、この方法をさらに上回る食べ方が!それがスイカを塩とレモンで食べるという方法。

これはめざましテレビで紹介されたもので、人間が感じる5つの味覚を数値化できる測定器「味覚センサー レオ」を使い、①塩、②レモン、③塩+レモンを検証したところ、なんと驚きの数値が出たのです。なお、この装置では、単純な糖度の比較ではなく人間の舌が感じる甘さを比較できるのだそう。

その結果がこちら!

①塩 3.35
②レモン 2.99
③塩+レモン 3.36

僅差ではありますが、3パターンのなかで一番甘みを感じることができるのが塩レモンだという結果になったのです。なんでも味が濃く感じられるのだとか。

この新しいスイカの食べ方、Twitter界でも話題になっています。

最初は半信半疑だけど一度やってみたら、ハマってしまうという人が続出のスイカの塩レモン。この夏、スイカを食べるなら、ぜひ塩とレモンで頂いてみてください🍋🍉🧂

プレビュー画像:©︎Twitter/kajidesign

コメント

おすすめの記事