Connect with us

家事

快適な眠りのために 寝室に置きたい観葉植物7選

寝室に観葉植物を置くのはあまり一般的ではないかもしれません。でも植物は天然の空気清浄機&加湿器。新鮮な酸素を放出し、有害物質を吸収し、湿度を高めることで室内環境を改善してくれます。さらに、植物が発生するマイナスイオンのリラックス効果が質の高い眠りをもたらしてくれるなど、寝室に植物を置くメリットはたくさんあります。

寝室に観葉植物を置くなら、寝室に適した植物を選ぶことが大切です、たとえば、香りの強い植物や花の咲く植物は、頭痛の原因になったり、睡眠を阻害することすらあります。

この記事ではベッドルームに最適な7つの観葉植物をご紹介します。

1. ラベンダー

ラベンダーは、人を睡眠に誘う香りとして一番有名なハーブ。多くの人がこの植物の優しい香りを好み、心を落ち着かせる癒し効果を実感しています。

ただ、ラベンダーは1年中、室内に置くことはお勧めできません。暖かい季節にはできれば窓の外側やベランダに置いてください。フレッシュな香りを楽しみたいなら数本の花を折って、ベッドの近くに置いておきましょう。冬場は室内で管理することができますが、日中は日の当たる場所に置くなどして日光浴させてあげましょう。

2. アロエベラ

アロエベラは、夜間でも酸素を発生させる植物なので、睡眠中の室内環境を改善してくれます。日当たりの良い明るい場所を好みますが、水はあまり必要とせず、冬の寝室の温度低下にもうまく対応できます。

3. オリヅルラン

空気中の汚染物質を除去し、嫌な匂いを軽減する作用がある植物です。ホルムアルデヒドなどを吸収し、大量の酸素を供給し、蒸散により加湿効果もあります。

4. サンセベリア(トラノオ)

サンセベリアは丈夫で乾燥に強い観葉植物。空気中のホルムアルデヒドなどの有害物質を吸収、浄化する空気清浄効果があることで一躍人気となりました。この植物は汚染物質を吸収するだけでなく、夜に大量の酸素を放出します。葉が長く肉厚なので、簡単にホコリを取り除くことができるのも嬉しいところです。

5. スパティフィラム

スパティフィラムは、花が咲く数少ない寝室用の室内植物の一つです。花は無臭で、緑の葉と白い花で寝室をエレガントに演出します。

スパティフィラムは加湿効果が高く、空気中のベンゼンやホルムアルデヒドなどの汚染物質を吸着し、細菌の拡散を防ぎます。日陰を好み、メンテナンスはほとんど必要ありません。

6. アイビー

アイビーは観葉植物の定番中の定番ですが、寝室に最適であることはあまり知られていません。アイビーの葉は、空気中の汚染物質の94%をろ過し、最適な室内環境を実現するのです。特にカビの胞子に効果的であることがわかっています。12時間以内にカビ胞子の80%を空気中から抽出できるそうです。

寝室に置く植物としては、一般的なアイビーに加えて、「ポトス」もおすすめです。空気を浄化する効果に加え、湿度を高める効果もあります。

注意:アイビーやポトスは子どもやペットの手が届かないように配置してください。この植物の葉や茎には毒があり、触るだけで炎症を起こすことがあります。

7. アロカシア

大きな美しい葉が特徴のアロカシアも丈夫で手入れが簡単で、寝室の空気を良くしてくれます。アロカシアは明るい場所を好むので、できれば日中は日の当たる場所に置いてください。

こうした観葉植物は部屋の空気を綺麗にして、睡眠を改善してくれるという大きな利点がありますが、寝室にたくさんの植物を置くのはお勧めしません。寝室は湿度が高くなりがちなので、鉢植えの土や受け皿にカビが発生することがあるためです。植物を置く場合は、カビを発生させないために、換気をしっかり行い、定期的に土に日光をあてるようにしましょう。

プレビュー画像: ©Instagram/thewildgardener11 ©Instagram/plant_weiler